読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はメジャーリーグに行くことにした Season:2

心機一転、ストリートで結果を出す

Ep.23 WEEK8 "X'MAGIC"

f:id:shadowpond:20161227200218g:plain

 

 

勝てない市場では勝負をしないというのは一つの見識かもしれません

 

でもそれでいいんでしょうか?

--------菅原邦男 (専務 島耕作)3巻 p.27

 

 

劣勢な状況に陥ったとき、諦めてしまうのは簡単だ

 

しかし、それは本当に勝てない勝負なのか?

 

正しい状況を把握出来ているのか?

 

ただ努力が足りないだけではないか。

 

勝負どころで力を発揮するのはもちろん大切

 

しかしその前に、勝負どころを見極める力が無ければチャンスをみすみす逃すことになる

 

----島耕作の名言集より

 

 

 

 

大きな時間を作るために、仕事をハードにこなす

 

結果、会社に60時間以上連続でいるという謎行動に出る

 

さて、ストの時間を大幅に設けたことで、モチベも上昇

 

 

 

連続スト1日目

 

久しぶりの街へと向かう

 

しかし、オバさまと観光客しかいないっ!

 

声かけたい人がいないっ!

 

居ても、顔見て、微笑んで、何事も無かったかのように立ち去ることが数件続いた

 

 

すると、1組の観光客が僕に話しかけてきた

 

中国系女:"Can you take a picture of us?"

 

僕:"Sure!"

 

撮った写真を女が確認している

 

 

 

 

 

すると、僕は、見てはいけないものを見てしまった

 

流れてきたのは、そう、

 

 

 

 

ハメ撮りってやつである

 

 

 

 

明らかに男と女の裸の写真を見てしまった

 

微妙な空気が流れた

 

 

観光客をあとにする

 

 

 

 

 

 

ただ、それが、実際は、僕のケツに火をつけてしまったのだ

 

メラメラと燃えている

 

僕は場所を変えた

 

そこは僕が普段しない場所だった

 

なんとなく流れが悪かったのであえての策

 

ガンシカの洗礼を浴び続けた後、美魔女を遭遇する

 

今日の流れは何なのだろう

 

おばさまウケが良い◎

 

それはまるで青田典子のようだった

 

彼女は

 

未だ、セクシーさが残る

 

f:id:shadowpond:20161227202908j:plain

 

最初は反応悪かったが、もちものいじりが刺さり、カラオケ連れ出し

 

30分程度でピークを持っていき、

 

ギラつき開始

 

場所グダを食らったのでホテル移動

 

あっさり抱く

 

TOTAL COUNT 62

 

ファッションの話で盛り上げ、知らないことはひたすら聞いたことで相手のテンションは上がっていった

 

推定40歳OVERなのだが、エロには勝てなかった

 

抱いたので好きなもの食べ、また場所変更

 

 

何声かけかしてHさんと合流

 

この日はどちらもGET後ということもあり、だいぶ強めオーラが漂う

 

クラブへ

 

完全なる男祭りだったが、タイミングを見計らって行動開始

 

とにかく、最初は和むことだけに徹する

 

連絡先交換を増やして、あとでローラーしようっていう作戦に

 

 

途中、この日一番の美人と和む

 

 

 

美人"お兄さん、イケメン♡"

 

 

 

調子に乗った僕は、この子をそれなりに遠ざけるトークをする

 

結局LINEでの逆打診はないまま、終了

 

なんだ、VIP狙いだったのかな とってないけど笑

 

しばらくするとHさん見当たらないので

 

知らないうちに連れ出したんかなと判断し、

 

僕も連れ出しにかかる

 

アジア系ハーフ連れ出しへ

 

箱内ではかなりの食いつきを見せていたために余裕かと思われていた

 

友達と帰るグダをあっさり崩し

 

いざ、外へ出た

 

しかし、彼女は行き先がだんだんをわかるようになった

 

絶対ヤラないの一点張りで、この子に固執する理由が全くなかったので

 

そのまま解散し、帰宅

 

 

 

2日目

 

起きたら夕方という意味わからない事態

 

ゴールキーパーYHさんから合流申請あったので合流

 

この日はなんとなく街の雰囲気に埋もれてしまった

 

そう、街はカップルだらけ

 

なんとなく相◯屋行きますかの話になり

 

入店

 

僕の担当子はまあまあ

 

しかし、改めてコンビは難しいと感じる

 

話の流れが良くない 組み立て方が良くない

 

もともと、タイムリミットを設定していたために、退店後、連れ出し狙うも

 

片方が完全に乗り気じゃない笑

 

その後、スト決行 大きな引きがないまま

 

ゴールキーパーYHに完封される

 

今日は0点かよて。。笑

 

 

しかし 言い訳はするな

強いオスになろうと誓う

 

 

3日目

 

なぜか、弟がナンパをしたいと言い出す

 

僕がナンパをしてること自体は弟は知っているので、

 

それに暇だからというのが最大の理由であろう

 

先約があったので、昼アポへ

 

職場の看護師とのアポ

 

もはや昼アポは勝率100%という絶対の自信アリ

 

そして、この日をあえて指定してきたのは向こうであり

 

僕は、その意味をなんとなく理解した

 

 

 

話したら止まらない子だった

 

一体、いつ呼吸してるんだろうと疑念が湧くぐらいの会話の量

 

完全なるいつものパターンにはめ込み、GET

TOTAL COUNT 63

 

 

駅まで送っていった後、某洋服店へ

 

すると、かなりの美女が現れる

 

声をかけようとした瞬間、隣には男がいた

 

その男とは、

 

 

有名Jリーガー(日本代表歴あり)

 

 

そして僕はこの人所属するチームの大ファンである

 

これは、逆に男に声をかけたい

 

 

 

 

この時、唐突に思い出したことがあった

 

内田篤人はドイツでの生活についてこんなことを言っていた

 

オフの日に外へ出ても、写真を撮ってくれだとか、そういうのをあまり求めてこないんですよ。

 

こっちはサッカー選手のプライベートを大事にされていて、よりリスペクトされているような印象がありますね。

 

 

 

普通だったら空気読まずに

 

握手してくださいだのってのはしていたかも

 

しかし、心にそっとしまって

 

その場をはなれた

 

こんな日だしね

 

 

 

 

 

 

 

弟が合流

 

とりあえず今日は声をかけてみよう

 

それを目標にすることにした

 

なかなかいきそうにないので、代わりに僕が声かけを見せるが、ガンシカ崩せず

 

 

 

しばらくすると待ち合わせで立っている女がいた

 

僕:ああいう、待ち合わせっぽい女は結構反応してくれるよ。ほら、チャンス!

 

弟:え、無理無理

 

僕:じゃあ、おれが行くわ

 

 

声かけのためギアをあげる

 

 

僕:人待ちなん?

 

女:そうそう

 

 

 

 

このとき、僕は隣に誰かの存在を感じてしまった

 

 

 

 

そう、

 

まさかの弟がついてきている笑

 

 

心ではかなり焦っていた

 

会話を続けるものの、全くこいつという人間は会話に入ってこない

 

まるで、カカシだ

 

だって何もしないんだもの

 

 

 

いや、カカシ以下だろうな笑

 

 

 

キャッチやスカウトから遠ざけてくれるのだったら最高だけどな

 

 

 

 

というのは置いといて、

 

何もしないわけにもいかないので弟が会話に入れるように振る

 

ようやく、喋り出す笑

 

 

待ち合わせの時間まで時間があるとのことで難なく連れ出し

 

この謎の兄弟ナンパによりこの女は連れ出されたのである

 

ちなみに、彼女は僕たちが兄弟だということ全く知らない

 

 

 

 

兄弟だと言わない理由は、

 

  • リスクマネージメントとして(身バレを防ぐ)
  • 兄弟と言うことで、話の軸がこちら側に傾いてしまう可能性

 

 が挙げられる

 

 

 

彼女は少し前にこの都市にきたようだ

 

なんだろう、全く擦れてなくて、いい子だなという印象

 

 

この子の元・職業はまたしても、航空関係

 

そして、地上でのお仕事である

 

お得意のパターンにはめていく

 

どうやら、やはり休み等の関係で違う職業を求め、転職したらしい

 

今の仕事には満足しているようだ

 

 

食いつきが上がっているのがわかった

 

これが実際、2人だったらすぐに抱けたと思う

 

しかし、今日という日は弟と一緒なのだ

 

僕の最終的な目標はこの子を抱くことではない

 

(後記事にて、詳細を記載予定)

 

 

時間がきたので、健全解散することとなった

 

その後、プチ反省会

 

そして、弟の人生初声かけを見届け、ソロで活動開始

 

解散する前に用事が終わったら、飲みに行こうと打診していた

 

方言女から連絡がきた

 

 

さすがにここからは僕のテリトリーである

 

弟には申し訳ないけど抜けてもらい

 

2人で飲むことになった

 

時間が経つにつれ、食いつきは上がっていく

 

めちゃくちゃ巨乳だったので最高のクリスマスだった

 

サンタさんありがとう

 

f:id:shadowpond:20170104210840g:plain

 

TOTAL COUNT 64

 

 

弟にお詫びと報告をした

 

無事に抱いたと笑

 

 

しかし、弟もしれっと連絡先を交換していたので

 

今度は弟が抱けるようにサポートすると約束

 

 

この作戦は今も尚、進行中である

 

 

 

PS.佐藤さんの諸注意により今号からナンパにおける隠語をなるべくやめます

 

 

-----------------

良かった点

  • その日において抱ける可能性がだんだんと上がってきた
  • 自信がついてきた

 

  • 改善点
  • タイミングの良い男になろう
  • 相手のものすごい強気な態度や罵声を浴びても、それを大きく上まる余裕を見せよう

 

 

-----------------------

 声かけ:40(+20)

連絡先:7(+4)

連れ出し:2(+2)

抱いた:3(+3)

-----------------------

 

SONG OF THE WEEK

 

 

 

 

今回は曲というより少し趣向を変えて

 

THE1975というUKで超人気のバンド、もはや世界的に見ても人気なのですが、ここ日本では異常ですね

 

かなり来日してますし、実際僕も、かれこれ3回見てます 

 

時間がない人は

後半の

 

Girls

Sex

Chocolate

The sound

 

だけ聴けば十分だと思います

 

それだけ聴きたい方は直接You tubeへ飛んで、セトリ見てそこからジャンプで飛べるようになってます

 

 

 

 

 

このバンドのボーカルのマシューは昔コカイン中毒だったのですけど

 

何が言いたいのかというとですね、

 

薬物問題は何かと昨今は問題になっています

 

 

もちろん薬物は絶対にダメなのですが、特に覚せい剤とか

 

薬物とミュージシャンを切り離すとそれはもうミュージシャンじゃなくなる気がするんですよね

 

よくミュージシャンって浮気するじゃないですか(←偏見)

 

別にミュージシャンが浮気したところでそこまで気にならないようか気がします

 

だから、ミュージシャンと薬物と浮気と酒って共存する関係だと思うんですよね

 

ミュージシャンというからには無くてはならない要素

 

何かに人生を狂わされることで、また良い曲が書けるのだと

 

やはりこれぐらい振り切れてた方が結局は人生成功しちゃうのですよね

 

 

 

 

一度、めちゃくちゃ真面目な女の子とライブ見に行きましたが

 

全然、僕よりも踊って、叫んでました笑

 

それぐらい、やっぱり女にとってはバンドって格好良いものなのだなと

 

 

 

それと、今は、ライブ中にスマホ掲げてずっと撮ってたりする人いるの普通ですよね

 

あれ少し前までは日本だとアーティストの肖像権の問題で結構注意食らってたんですよ

 

でも、これってすっごいバカな話で

 

今って何事も共有する時代になってきてるじゃないですか

 

絶対シェアした方がそのバンドにとってはかなり宣伝になるに決まってるじゃないですか

 

日本って一つの問題に対してすぐに蓋をしようとしますよね

 

 

 

 

写真とっちゃだめ!はい禁止!禁止!

 

 

 

 

じゃなくて、いかにこれと向き合っていくかってことの方がはるかに大事じゃないですか

 

欧米だとすぐにこれを吉ととらえて、SNSで共有出来るようにたくさんの工夫をしました

 

それが話題性を呼び、新たな顧客を獲得する

 

 

 

 

ポケモンGOもそうですよね

 

景観を大事にしようとして、古い固定観念にとらわれすぎて、すぐに禁止にする

 

まず、NOという前に、何かできることはあるだろう

 

と思いました 

 

Ep.22 WEEK7 "LET ME LOVE YOU"

f:id:shadowpond:20161226153539g:plain

 

 

 

人間知らない方が幸せってことも間々あるんだぞ

---木暮久作 (課長 島耕作) 2巻 96P

 

だれにでも"知られたくない秘密"の1つや2つはある。

もしそれを知ることによって大切な人が傷つくのなら、

それは"誰も知らなくていい事実"なのかもしれない

妻の浮気を疑った耕作は、結果的に離婚の道へと進んでしまうことになった

仕事も恋愛も、相手のことを知りすぎると、逆に関係が崩れることもある

 

 

 

 

 

 

 

仕事のストレスが増えてくると、どうしてもヤりたくなってしまうらしい

 

SEXは捌け口なのか?

 

ストに出て、即ればいいだけの話なのだが、僕は既セクに逃げてしまった

 

もちろん、既セクとSEXをすること自体が悪いわけではないが

 

 

 

 

世の中には大抵、潮時があることを自覚した方が良い

 

 

 

 

この子はメジャーリーグで出会った、数少ないスタメン(世間でいう所謂セフレ)である

 

なお、前回Epで紹介した子ではない

 

顔はまあまあかわいいし、何より僕は向こうから愛されていた

 

そこにつけ込んでしまったと言えばそこまでだが、今回は遂に向こうが爆発してしまったのである

 

 

 

どこかで色になってしまったのか?

 

 

 

 

そりゃあ、毎回SEXだけして帰ることを繰り返していれば、おかしいことに気づく

 

 

ことあるごとに、LINEは溜まっていた

 

返信していなくても、立て続けにがんがんくる状態だった

 

少し精神的に不安定な側面 が向こうにあった

 

それでもギリギリのところで、はねのけていた

 

 

 

 

セフレ子"ねぇ、クリスマスは何か予定あるの?私は何もないんだけど、今年ぐらいはイルミネーションとか見たり、ゆっくり過ごしたいなって思うの"

 

僕"仕事だよ、稼ぎ時"

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰宅後LINEにて

 

セフレ子"Yって私のこと好き?

 

僕"博愛主義"

 

セフレ子"まあ、他に女の子がいることぐらい、私にはわかってたよ。それでも私はY君と付き合いたいなって思うの"

 

僕"やめた方がいいと思うよ笑"

 

セフレ子"じゃあ、なんでこんなに会うの?私はもう、年齢的にはギリギリなんだよ?"

 

僕"浮気するからやめたほうがいいよ"

 

セフレ子"私のこと、手のひらで転がしてたの?そうやって期待させといてさ、やっぱり最低なんだね"

 

 

 

言いたいことはいろいろあったが、

 

ここまでくるとブレーキが壊れている状態なのでもう制御はできない

 

 

 

最終手段

 

 

僕は蓋をすることにした

 

 

その後、LINEが溜まっていくので

 

 

 

メッセージを消すことに

 

 

 

反省をするなら、ここに至るまでの段階のことだ

 

 

 

ヤった女には責任を持たなければならない

 

しかし、そのどこかで掛け違えたボタンを直すことは不可能

 

強制デトックスは少々こちらも後味が悪い

 

しかし、天秤にかけても

 

忘れてしまった方が良いとの判断をした

 

 

 

抱いた女は大事に

 

自戒を込めて(再再再登場)

 

 

 

 

フットサル&HNS忘年会

 

フットサル部は遂に、大会へ出場

 

以前に書いたフットサルの記事では、勝利のためのストラテジーを書いたが

 

結果的には

 

 

1勝2敗1引き分け(PK負け)

 

 

グループ分けの時点で、明らかに初心者ではない人たちの集団多数

 

正直、中級、それ以上を見ていても、チームとしての活動が長いかどうかだけの違いだと思いました。

 

むしろ、初心者コースでさえも、ある程度のすご腕集まっている笑

 

 

1戦目

 

vs職場のノリで参加

 

完全なるラッキーパンチ

 

むしろこれくらいの勝負が初心者同士の勝負だと思うのですが、レベルを判断するのは各々みたいなので、難しい

 

ボールが回った時点である程度勝ちは確信

 

負けないプロトコルに従って、最初からギア全開

 

開始早々、勢いよく飛び出して、パスもらって、完全なるキーパーとの1対1

 

ここまではきれいな崩し

 

と思いきや、明らかな決定打阻止のファウルをもらう笑

 

後から聞きましたが、僕の顔、完全にキレてたみたいです笑

 

アンガーコントロールとは笑

 

普通にイエローカードもらってたのでウケましたけど

 

 

 

 

さて、通常サッカー界ではPKをもらった人間は蹴るべきじゃないと聞きます

 

これは

 

・ファウルを受けた者のマインドが不安定(倒されたという怒りorPKをゲットできてはしゃぐ)

 

・なんらかのダメージを受けたことで、100%の状態ではない

 

 

この辺の理由があると思いますが、僕は中学時代キッカーだったので、バンバン自分でもらったPKも蹴っていました。

 

 

 

そんな感じで割とPKには自信あり

 

なんの迷いもなく、ボールをセット

 

大きく助走をとり、右足を振り抜く

 

次の瞬間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールは枠を外れた

 

f:id:shadowpond:20161227142612g:plain

 

 

 

 

 

 

 

やっちまった感でたが、まぁチャンスなんかこの先あると思ったので切り替え

 

その後、すぐに、フットサル部のエースYTが得点を決め、試合終了

 

 

 

初勝利

 

初戦で結果を出す←これは大事

 

f:id:shadowpond:20161227142906g:plain

 

 

 

2戦目

 

vs若さのノリで参加しちゃったやつら 

 

 

 

開始早々

 

YPさんのごり押しで先制点

 

しかし、これが逆に相手を本気にさせたのか

 

あれよあれよという間に逆転される

 

最後はキーパー出てきてひっくり返されるという

 

 

 

 

 

局面の読みの甘さを痛感

 

試合の流れを読むのはかなーり玄人レベルだが、その辺は向こうがうまかった

 

 

3試合目

 

vsお前らじゃ全然相手ならないけどそれでもやるの?

 

この試合はかなりのボロ負け

 

もう何も言えない笑

 

 

 

 

順位決定戦へ

 

4戦目

 

vsてめえらが負けたら全員脱毛させてやるからな

 

実力差は明白だった

 

テクニックの差を見せつけられ、一気に0-3

 

 

 

どうせ最後の試合ですから、少しは爪痕残そう

 

 

僕は気づいてしまった

 

途中で入ってきたあのプレーヤーが穴だってことを

 

その選手はボールを持ちすぎる傾向にあった

 

ハイプレッシャーをかけ、ボールを奪取

 

人数をかけず、最後は自分で奪ったボールを自分で決めることができた

 

1-3

 

後半戦突入

 

ここで思いがけないドラマを生む

 

キーパーのYHさんが試合が始まるというのに全く準備していない

 

 

 

 

 

そして、その状況にもかかわらず、動作が遅すぎて

 

相手チーム及び、審判が完全にげきおこ状態

 

ちなみに僕も結構イライラしてました笑

 

 

しかし、これが結果的にはものすごいドラマを生むとは誰が予想したでしょうか?

 

 

 

相手は明らかにペースダウンしている

 

疲れからなのか、勝利を確信したからなのか

 

 

 

ここで試合は動いた

 

エースナンバーを背負う佐藤さんがチャンスを演出し、ゴールを奪う

 

これが局面を読む力だと思う

 

決めるべきところでゴールを奪う

 

2-3

 

塾長自らが見せつけることでチームに躍動感が出た

 

 

 

そして、部長のKING Kの粘りの押し込みで同点弾

 

3-3

 

 

 

試合はまさかの振り出しへ

 

 

 その後、1点返されるも、またまた追いつき

 

 

 

 

 

さあ、運命のPK戦

 

 

 

 

 ま、PKでは負けましたけど

 

0-3から4-4までいけたっていうのはなかなかないドラマ

 

特に後半はほんとにいい展開

 

まさかYHさんのあのクソみたいな態度が

こんなおもしろい展開になる陽動作戦だったとは。。。(ということにしています笑)

 

 

 

 

 

その後は、一年を締めくくる忘年会へ

 

集まると毎回濃い話が出来る、新たなイベントも予定がたった

 

--------------------------

 

良かった点

  • フットサル部初勝利
  • 圧倒的不利な状況からイーブンに持ち込んだ

 

改善点

  • 責任を持てないなら手を出すな、特に既セク化はダメ
  • それ以前のクロージングをしっかり
  • 局面で流れを読めるように

 

-----------------------

 

声かけ:20(+16)

Lゲ:3(+3)

連れ出し:0(±0)

即:0(±0)

 

----------------------

 

SONG OF THE WEEK

 

 

この曲のRemixは結構出てますねー。個人的にはZEDD REMIXが一番

 

めちゃくちゃZEDDがREMIXしました!!!っていうクセが強いんですけど笑

 

ここがまた良い笑

Ep.21 WEEK6 "EVERYTHING YOU DO"

f:id:shadowpond:20161212182244g:plain

 

好き嫌いはあっても

そこは飲み込んで

大人の付き合いをしましょうよ

------中山邦男 《会長 島耕作》 4巻 138P

 

 

 

仕事をしていれば、どうしても相性の悪い人が出てくる

 

考え方が合わない人もいる

 

しかし、好き嫌いだけで動いていては、人は離れていくだろう

 

自分を嫌っている人だって、表面上は普通に接してくれるのがビジネスの世界なのだから

 

いい仕事をしたければ、嫌いな人の長所を見つけるぐらいの余裕が大切だ

 

--------島耕作の名言集 P20

 

 

 

DAY1-6

 

仕事にてローカルに再び戻る

 

この週はかなり仕事量が多かったために結局はストにでれず

 

そこで、1週間で思ったことをまとめます

 

 

 

 

・高校生はピュアすぎる 

 

仕事で高校生の方がたくさんきた

 

あんなにピュアな時代ってあるんだなと

 

僕が高校生の時もあんなに綺麗だったかわからない

 

まずめっちゃまっすぐ見てくるし

 

 

 

とにかく素直ですね

 

心にくすみがない

 

 

f:id:shadowpond:20161213212604g:plain

 

もうそれを欲しがっても

 

到底無理なんでしょうけど

 

懐かしくもあり、その時にしかできないことってたくさんあったなと

 

なんだか感慨深くなりました

 

あの時みたいに人のことを本気で好きになったりっていうのはもうできないと思うんですよ

 

でも、失った分、僕らはには、得るものもあると

 

 

 

HNSに入って、遅めの青春を謳歌していますが

 

今は一人じゃなくて、何十人も、何百人も大事にできるのだと

 

そう感じております

 

 

 

 

 

・珍しくKEEPがいるという事実

 

今、キープの子がいるのですが

 

この子が本当に性格が優しい子でして

 

なんだろう、本当に気を使わなくていいんですよ

 

別に僕が何も言わなくても、それを感じ取ってくれて

 

 

 

 

基本的に僕は、誰かの隣で寝るのが本当に苦手で

 

まず、安眠できないですね。だから泊まりとかは結構苦手だったり

 

しかしながら、この子は割と僕のすべてを知ってるので

 

この子が隣にいても平気だったりします

 

時々、相手のいびきで起きたりもしますけど笑

 

そこはお互い様です

 

というか、それも魅力的に映ったりするし

 

f:id:shadowpond:20161213215212g:plain

 

 

 

多分、距離感がすごく適切

 

向こうはそこまで多くのことを求めてこない

 

今の関係などを全く聞いてこないし

 

僕に他にも女がいることぐらい知ってるのだと思う

 

それでも、僕のことを男して見てくれている

 

非常にありがたいことだと思う

 

 

 

 

 

 

・将来の夢はYou Tuber

 

電車の中で、You Tuberになりたいって言ってた小学生くらいの子供がいたのです

 

 

ほう、もうこんな時代なのかって最初は思いましたよ

 

You Tuberも立派な職業として認知されているのだと

 

ただ、その5秒後ぐらいに気づいてしまった

 

 

そのスマホで、ビデオを撮れ

 

動画をアップロードしろ

 

簡単なことだろう

 

 

 

 

もしかしたら、ヒカキンみたいに広告収入で稼ぐを意識しての発言が主なのではないかと思ったりもしましたが

 

観察上、そこまで気にしてないのではないかと判断しました

 

 

とすると、なぜ、隣の母親は子にこの簡単なことを教えないのか

 

・母親が間に受け止めてない

 

・やり方がわからない

 

・ただ単にめんどくさい

 

・ステレオタイプだから、違う職業についてほしいと夢を押し付けている

 

と、いろいろ理由が考えられましたが、

 

親は子の夢を奪うべきではないですよね

 

小さい頃から無理やり勉強させたり、塾に通わせたりとか

 

僕にとっては、ちょっと虐待のようにも思える

 

HNSのメルマガ最新号でさとうさんが教育論を語っておりましたが

 

僕もその意見に賛同で、もう時代は違うのだから

 

自分の考えを子に押し付けるべきではないと

 

むしろ、より時代に適応した子供の方がはるかに優秀だったりしますよね

 

 

イギリスだと、小学生でプログラミングが必須項目になったんですよ

 

その辺のお話はこちらの方がまとめていますので、省略

 

paiza.hatenablog.com

 

と、いろいろ二転三転して、

 

僕も何を言いたいのかよくわからなくなったのでここで締めます笑

 

 

 

 

 

DAY7

 

ここでようやくナンパのお話へ

 

 

 

どこでLゲしたかわからない子から突然逆ザオラル

 

前のやりとりを消してしまっていたので、全然状況が掴めず

 

(僕は基本的に、死番になった子でかわいいなーと思った場合はこっちがしつこく送ってしまうかもしれないことを恐れて、あえて、やりとりを消してしまいます。すると、あら不思議、めちゃくちゃ心がすっきりします。)

 

 

なぜか、アポが決まった

 

覚えているのは何度かアポ打診したが、全部予定が合わず流れていたこと

 

その後はよくわからない

 

 

アポ前に、およそ1週間ぶりのストへ

 

反応は悪くないが、連れ出しすらできず

 

 

 

アポへ

 

 

まず、お互いの確認作業から始まった

 

すると、彼女の方もどこで会ったかよく覚えてないという笑

 

 

 

彼女の職業はまたまた日系航空会社勤務だった

 

そう、カレンと同じ会社だった

 

 

 

彼女もまた、同じ理由で悩んでいると言う

 

航空子"今、転職中なんだよね、やっぱりこの仕事さ、休み合わないじゃん?"

 

 

 

この子は空ではなく、地上での仕事だったが、行きつくところはみな同じなのか?

 

口を揃えて同じことを言い、憧れだった職業についたのに、やめたいと言い出す

 

 

 

 

僕:(結局さ、航空子はどうしたいん?)

 

航空子:(ほんとは、寿退社したかった笑)

 

 

 

ジグソーパズルは大枠が完成していた

 

あとはもう、はめていくだけだ

 

確認作業を進め、多少違った部分はあったが、ピークへたどり着くことができた

 

時刻はすでに2時間を過ぎている

 

時間を使いすぎた

 

 

 

ホテル前でちょっとグダはあったが、回避

 

ピロートークで、彼女は言った

 

 

 

航空子:(ねぇ、女何人ぐらいいるのー?)

 

僕:(週8で回してる笑)

 

航空子:(1人多いー笑)

 

僕:(ばれた?)

 

航空子:(ばればれ、ねね、私は一体、何曜日の女?)

 

一瞬に字のままに受け止めてしまい、

 

今日は◯曜日だよ!と言おうとしたおばかな僕がいた

 

 

 

何曜日の女になるかって?

 

一体、君は何曜日の女になるのだろうな?

 

その答えは、僕も知らない

 

 

TOTAL COUNT 61

 

-----------

 

声かけ:4

Lゲ:0

連れ出し:0

即:0

-------------

改善点

なぜそうなったのか?の視点を大切に、疑問を持とう、興味を持とう

--------------

 

 

SONG OF THE WEEK

 

ついに、ADMというジャンルができたみたいですね

 

Tropical Houseは結構好きだったのですが、確かにBPM128っていうのはEDMではマストになっている中で、

 

ここまで落とし込むと、合わせづらいしもうセットが全体的に変わってくる

 

ADMはなんとなく、後期のAviciiに近い感じでしょうか

 

あんまりこういうジャンル作りをする必要もないと思いますけども笑

 

 

 

 

iflyer.tv

 

 

 

 

 

Ep.20 WEEK5 "WHEN I THINK OF YOU"

f:id:shadowpond:20161129172414g:plain

 

 

巨人の肩に乗っているから、遠くを見ることが出来る

--------ベルナール・ド・シャルトル

 

 

12世紀、フランスのシャルトル大聖堂付属学校で活躍したシャルトル学派の中心人物、ベルナールが述べたとされる言葉

 

ベルナールは古代ギリシアの哲学者、プラトンの思想を研究、発展させたことで知られている

 

その彼が古典や、その著者たちを巨人にたとえ、

 

今を生きる自分たちはその巨人の肩に乗ることで

 

巨人たちもより多くのもの、より遠くのものを見ることができるのだと述べている

 

 

 

DAY1

 

声かけ開始からわずか30分程度で10を超えてしまう

 

オープンしないわけではないが、特に何もなく終わった

 

 

DAY2

 

終電間際に、40手前OLを連れ出し

 

とにかくエロい雰囲気にヤられてしまい、フロントアプローチ

 

喫煙所で和みが成功し

 

 

"ちょうどあと一杯飲みたかったの"

 

 

の言葉をいただいて、居酒屋in

 

 

さて、ここからが、肝心だ

 

連れ出し後、いかに食いつきをあげられるか

 

とにかく彼氏とラブラブアピールをしてきた

 

が、彼氏のどういうところが好きなのかをきちんと評価できず

 

チャレンジも余裕のアウト

 

 

入店直後は色々と疑いをかけられていたので

 

この辺の胡散臭さを後々消せていったのは、良いとする(状況によりけりですが)

 

この日の収穫はやはり美顔スチーマーは最強といえることを認識

 

しきりに彼女は

 

"ほんとに20いってるの?"

 

と聞いてきた

 

おまけに、

 

"私は未成年にお酒を飲ませたくないので身分証見せて"

 

 

私服警察vs未成年飲酒疑いごっこ

 

f:id:shadowpond:20161205131808g:plain

 

f:id:shadowpond:20161205131827g:plain

が勃発

 

"こんなに年下に見られてしまうのか"

 

 

そんな経験をしてしまうのがこの商品

 

 

パナソニック スチーマー ナノケア

コンパクトタイプ ピンク EH-SA35-P

 

 

 

 

この商品の詳細を語るよりも、

 

僕が実際にかなり若く見られることが多くなったことを考えると

 

効果絶大なのではないかと思いました

 

 

DAY3

 

連れ出し負けが多くなり、もやもやが溜まってくる

 

結果、既セクとデートすることになった

 

もちろん最初は直ホ

 

その後、向こうに用事があったのでそれを待ちながら、声かけ開始

 

 

もしかしたらこの街とは相性が悪いのかもしれない

 

前回もそうだけど、びっくりするくらい全然オープンしなかった

 

ギリギリまで声かけして、既セクと再度合流し、ステーキ食べまくってこの日は終了

 

ステーキを即れたので満足

 

 

DAY4

 

おせっくすをしても、心のもやもやはなかなかとれず

 

連れ出しもできず終了

 

 

DAY5

 

座学

 

 

DAY6

 

 

こんなに調子を落としているのはなんだろうと分析

 

一つの結論に達する

 

 

去り際が良くない

 

 

たとえ、ガンシカされても

 

ありがとね、で終わろうっ

 

そしたらセルフイメージも低くならない

 

これを目標にこの日は声かけ

 

 

 

自然に笑顔になれていく気がした

 

 

4声かけ目で香港人を連れ出し

 

日本語しゃべれるわけないので、英語でやりとり

 

最初はカフェ行くことも拒否していたが、和み直してカフェへ

 

アジア圏の英語はわかりやすくて良い、彼女は英国に10年くらいいたらしい

 

  • 出張で日本にきている
  • 月に一回ぐらいは日本にいる
  • アーセナルファン
  • 元彼はオーストラリア人

 

 

 

 

そろそろピークだ

 

時計を見ると、急に記憶が蘇った

 

今日は脱毛だ

 

脱毛の時間まであと20分しかない

 

 

次回日本くるときにデートの約束をこぎつけて、解散となった

 

最後は今年一のハグを交わした

 

あのときは本当に時が止まったみたいだった

 

こんなに自然にハグが出来たのも初めて

 

f:id:shadowpond:20161205143347g:plain

 

 

 

 

この子は本当に良い子だ

 

根の優しさがLINEからも伝わってくる

 

いくつかのやりとりの中で、何気ないメッセージ

 

 

 

kinda thinking about you(何だか、あなたのことを考えてるの)

 

 

 

ずっと心にあったわだかまりがとれた気がした

 

彼女の言葉に救われた

 

僕は声をかけて良かったんだ

 

これでいいんだ、これでいいんだと思う

 

 

f:id:shadowpond:20161205142924g:plain

 

この後、GUDA会が始まる

 

(※GUDA会とは・・HNSの同期入学の中で組まれたチームのことで、最近の珍グダを発表して、おもしろさを競い合いながらも、改善点を見つけ、向上につなげている)

 

仕事の忙しさなどから不定期気味に

 

最近はほとんど開催されていなかった

 

最近のストの報告や成果、グダの収穫を各々発表し、くだらない会話を続ける

 

しかし、くだらない会話にこそ、楽しく生きるヒントがあると思う

 

こんなにくだらないことを言い合える仲で良かった

 

本来ならば、コンビストを決行する予定だったが、得意のグダ発生し

 

解散、、笑

 

僕はまた街に戻り、ストを再開

 

リア友が、クラブ行く前にストってるというので定例合流へ

 

バンゲをいくつか重ね、LINEゲット前後の和みを意識した

 

 

 

DAY7

 

minortomajorsecondseason.hatenablog.com

 

WEEK4のパーティーで出会った、医療関係の子とデートに

 

LINEのやりとりではいい流れを感じていた

 

ランチを挟み、何気なくホテルチャレンジ

 

想定内のグダは発生したが、難なくゲット

 

 

 

"ほんと、ここに連れてくるなんて最低"

 

"ありえないんだけど"

 

 

 

 

そう言っていながら、下半身は完全に大洪水だった

 

女という生き物はよく分からない

 

あんなに怒っていながら、体は違う反応をしているし

 

行為が終わったあとは、くっついて離れなかった

 

 

 

さとうさんがやっている

 

自分のあれを拭く前に、相手のあれを拭いてあげる

 

というのを最近実践している

 

これはほんとに嬉しい顔されるのでこれからも継続していく

 

(I feei it comingっていうのを忘れました)

 

 

 

 

 

まだ夕方に差し掛かったところだ

 

僕は彼女に約束をしてしまったのだ

 

 

"イルミネーションでも見に行くか"

 

 

 

今日、彼女はそれを少なくとも期待していた

 

 

 

 

僕の中の天使と悪魔は叫んでいた

 

f:id:shadowpond:20161205152918g:plain

 

f:id:shadowpond:20161205152935g:plain

 

天使:(自分がした約束だ。今日はデートを楽しもう。)

 

悪魔:(あーストりてぇ!!解散!!解散!!) 

 

 

 

 

僕は変わった

 

声かけから感謝の気持ちを持つことにしたのだから

 

 

 

DAY6で自分自身にかけた性なる聖なる魔法の強さで悪魔を避けることが出来た

 

瞬時に思いついたデートの流れを実行

 

 

まず、そんなに暗くなっていないのでプラネタリウムでテンションをあげる

→GOOD

 

イルミネーションを見ながら、ディナーに

 

そこにいたブラジル人ダンサーに心を奪われるまでは、天使でした

 

 

 

 

 

久しぶりのデートだ

 

こんなに同じ女の子に時間を使うこと自体が久しい

 

ゲットするまでは、もしかしたら彼女になるかもしれないのではないかというぐらいの何かを感じていた

 

しかし、今週は違ったみたいだ

 

何が違うんだろう

 

僕は寂しかったのかな

 

帰り際の彼女は何か悲しい表情をしていた

 

f:id:shadowpond:20161205154812g:plain

 

僕は言った

 

"また、会おうね。"

 

そう、またって言ったらまたね、なんだからね。

 

TOTAL COUNT 60

 

 

 

---------------

 

声かけ:64(+11)

Lゲ:4(-2)

連れ出し:2(-1)

即:0(±0)

---------------

良かった点

 

  • 感謝の気持ちを持てた。声かけにも感謝を
  • 英語で攻めれた

 

改善点

  • 連れ出し後の食いつき(引き続き)

 

------------------

 

SONGS OF THE WEEK

 

BBC sound of 2017より

 

 

 

 

 

イギリスの新人特集!よくわからない人だらけですが

 

下の動画の50秒後くらいに出てくるのは渋谷???

 

BBC Music - BBC Music Sound Of, 2017 - AJ Tracey

 

 

 

 

Ep.19WEEK 4"WANNA ARGUE ALL DAY, MAKING LOVE ALL NIGHT"

f:id:shadowpond:20161125131100g:plain

 

去る者は追わず 来るものは拒まず

----孟子 《尽心・下》

 

 

 

 

出会ってしまった以上、2人に当然別れはやってくる

 

それこそが人生の美しさであり、その逆に一生の子を手に入れたら僕らは幸せになれるだろうか?

 

 

出会いも別れも偶然の産物である。

 

その子にガンシカされなかったら、ちょうど大通りを歩いていた君には会えなかったかも知れないし

 

君とベッドにいなかったら、違う子と時間を過ごしていたかも知れない

 

僕は川の流れに身を任せようと思う

 

次に会うのは一体誰なのだろう?

 

 

 

DAY1

ひたすらインプット作業

 

途中でテラスハウスの新シーズンを見る

 

 

シリアルでこんなに話し合うのすごいですね。共同生活したことないので、なんとも言えない部分ありますが、

 

そんなに喰われたくなかったらでっかく名前でも書いとけよ!!!!!

 

と、言いたくなったのですが、ここはこらえて出方を見る。

 

シリアルもし食べちゃっても、ごめん食べた、今すぐ買ってくるね、で良いと思いました。

 

シリアルってそんな値段しないですよね。

 

シリアルでそんなにシリアスになるなよって笑

 

 

 

 

現在、一番人気があるのはこのローレン・サイ

 

めちゃくちゃ美人だし、画力半端ないし

 

 

 

Some drawing before bed..

LALAさん(@this_is_lala)が投稿した写真 -

 

 

 

Morning warm ups

LALAさん(@this_is_lala)が投稿した写真 -

 

 

 

 

ULTRA GENKI

LALAさん(@this_is_lala)が投稿した写真 -

 

 

 

 

Safety first

LALAさん(@this_is_lala)が投稿した写真 -

 

 

 

 

 

 

エピソード4! #テラスハウス go catch it

LALAさん(@this_is_lala)が投稿した写真 -

 

 

 

 

thanksgiving has begun. 6歳です。

LALAさん(@this_is_lala)が投稿した写真 -

 

 

 

 

riot

LALAさん(@this_is_lala)が投稿した写真 -

 

 

元気寿司の前でこんなに絵になる女いないですよね

 

彼女が作る表情はほんとに才能がある

 

自分の魅せ方をわかっている

 

見習おう

 

 

 

 

ちなみに、僕の好みはナオミ

 

 

 

こういう女に追いかけられる男になりたいと思う

 

元彼を忘れさせてくれるような、超えられる男に笑

 

 

 

渋谷でばったり会って昔のことを思い出して、その時の彼氏と別れるって

 

相当濃い時間を過ごせていたのではないでしょうか

 

 

 

 

DAY2

なかなか遅めに仕事が終わってしまったので、予定を変更してジムへ

 

GTだったが、意外に人が少なかった?

 

大体、半分ぐらい欧米人なので、ジムにいけば勝手にモチベ上がるパターン

 

DAY3

 

早めに声かけ開始、街になぜかPoliceが多く、若干地蔵になる

 

リア友飲み会に参加へ

 

ここでやっと緊張がほぐれてくる

 

おれはナンパがしたいんだ!!!!アピールで時間がはやく切り上げられ

 

声かけの乱れ打ち開始も、雑にならないように注意しながら事を進める

 

コンビで声かけした結果、旅行者を某イルミネーションへ連れていく

 

そのあとは、相手をうまく調子付けることができず、放流へ

 

結果この日は夜系のお姉さんと、それから、これから合コンっ!って子のLゲだけして終了となった

 

一人も連れ出せず。これは反省である。

 

DAY4

ちょー寒い日だったが、前回のエピソードで連れ出しまでした占い子とアポ

 

僕の頭の中では既に、面白いブログが書けるはずだった

 

 

僕:(転職のカードが出たじゃん?この前?)

 

占い子:(うん、確かそうだったよね)

 

僕:(あれ、おれのことを念じて引いたんじゃないんだよ)

 

占い子:(あぁ、そうなんだ)

 

僕:(あれは君の恋愛について念じたんだ。結果、君は今おれと一緒にいる。一夜ぐらい”転職”してもいいんじゃないか?っていう暗示だったんだよ)

 

と、ベッドの上でものすご〜くあま〜くて気持ちわる〜いことを言うつもりだった

 

 

 

 

 

僕:(声かけられて、ついていったことあるん?)

 

占い子:(うーん。。ないかな。。)

 

 

 

最初から彼女は、僕のすべてを知りたがっていた

 

  • 名前は?本名だよ?
  • 年齢は?
  • どこに住んでるの?
  • 職場は?
  • 名刺見せて?
  • なんの仕事?ほんとのこと言って?

 

こやつは最先端の個人情報を引き出す業者なのか。。。

 

質問が多すぎる。。。

 

まじコリドー女よりもひどい

 

いや、僕の和み成分が足りないな

 

 

結果これらの質問をはぐらかして、主軸を彼女へずらそうとするも

 

あなたのことを教えて欲しい

 

の一点張りでふりだしに戻る

 

 

あえなくハンドテストは失敗

 

駅まで送って、放流

 

 

アポで負けたから落ち込んで、反省して帰ろうじゃないんだ

 

ここから普通にナンパすれば良い

 

この気持ちのシフトがこの1ヶ月ですごく変わったところ

 

ここから10声かけした

 

アパレル勤務のアラサー金髪ギャルを連れ出しへ

 

音声を聞きかえしてわかったことだが、僕のテンションがMAX低いという事件

 

ところどころ共通の話題で盛り上がりを見せるも、完全に僕の声が死んでる

 

電車グダで移動打診できず、結局Lゲはしたが、ヤる目的ならいい、本当の愛を探しているとのこと

 

付き合う前にヤるの普通だろマインドも、全く響かず、多少説得ぎみになってしまった部分もあった

 

 

 

 

 

f:id:shadowpond:20161128141529g:plain

 

この日は、今まで一番の美人な子に声をかけた

 

300mの平行トーク後、駅に吸い込まれてしまったが

 

 

粘れるうちは、粘るを実行

 

 

めちゃ笑ってくれたし、話してくれてありがとう

 

 DAY5

 

懲りずに声かけ

 

家に帰ったらその時点で、新しいページはめくれない

 

今の確率的には10声かけしたら1連れ出しはできる

 

なので、仕事終わりの日には最低10はかけることにした

 

 

9声かけ目でDAY4のスーパー美人を彷彿とさせるような長髪を発見

 

見つけたときの初速がものすごく上がった気がする

 

同じように300m以上平行トークし、飯打診

 

最初は渋っていたものの、

 

買い物なんていつでも出来るだろ

 

BLACK FRIDAYはこの3日間続く、大丈夫だよ、明日買い物して

 

と超強気モードへ

 

f:id:shadowpond:20161128144119g:plain

 

僕:(こういうのについていったことある?)

 

長髪子:(ないない、絶対ついて行かない、なんで私ここにいるんだろう笑)

 

 

 

彼女はとても愛嬌のある子だった

 

何気ないことでも、すぐに笑ってくれるし、素直な子だった

 

彼女は年齢をとても気にしていた

 

確かに、年上感は出ているが、完璧なメイクと雰囲気で

 

良い意味で若作りが仕上がっているのであった

 

店退出後、友達との予定をキャンセルさせようと思ったが、そこまで食いつきを上げられず。

 

おまけに彼女の職場はナンパした場所の近くだったのでハンドテストは思いっきり失敗するという大惨事を招く

 

Lゲして、健全に解散

 

 

 

 

ちょうど帰ろうと思ったとき、女友達から電話がかかってきた

 

招集かかったので、とりあえず行くことに

 

そこには随分前に狙っていた子もいた

 

2人はだいぶ酔っぱらっていた

 

f:id:shadowpond:20161128144236g:plain

 

まず、うるさい笑 そしてうるさい笑

 

いきなりカラオケに行きたいと言い出し、カラオケへ

 

このまま帰るのもつまらなくなってきたので、カラオケ内でターゲットの子に軽くギラつきはじめる

 

友達2人は爆笑し始めた

 

1人の女が歌っている横でもう1人の女にギラつく僕

 

という意味わからないシチュエーションができる

 

 

だんだんと、ギラついてる子は自分でキスもし始めるようになるが

 

もう一人の子がガチギレし始め、マイクに声を乗せながら軽く説教が始まる

 

 

とりあえず、この子の言い分は

 

新しく彼氏が出来たから手を出すな

 

とのことらしい

 

 

ってか、お前には関係なくない?

 

おれとこいつの間のことであって、そこにお前が介入してくる意味がわからない

 

と、いつもだったら言っておりましたが

 

ここはぐっとこらえて、3Pも視野に入るように話を聞く

 

 話し合いの最中にギラついていた子の彼氏がなぜかくることになり

 

なんだかとてつもない展開に逆に興奮する

 

これは、すごいことになってきたぜ。。

 

場所を変え、飲み直すことに

 

 

しばらくして、現れた彼氏はかなりの大人の方だった

 

年齢的にもそうだが、なんだこの落ち着いた雰囲気は。

 

彼氏さんはとてもとても良い方だったので

 

さきほどのギラの件は心の中でそっと処分しておきました

 

気がついたら僕が、僕が1番多めに払っていました

 

めでたしめでたし

 

 

 

DAY6

 

いつも通り、体を仕上げて、さぁ街へ

 

の流れだったが、美顔スチーマー当ててた時に見てた海外ドラマが面白すぎて出撃しないという珍事

 

全部見てしまいました。。。面白かった。。

 

 

 

DAY7

気を取り直して、街へ

 

気がつけば、即っていないどころか、おせっくすしてない

 

 

何声かけかした後、リア友とパーティーへ

 

結構くるって聞いていたのでとりあえず10バンゲくらしはしようという作戦になった

 

しかし、箱を開けてみるとあんまりきてない

 

やっぱりか

 

そこで1番かわいい組と和み始める

 

1度解散した後、違う子をLゲし、1人になる

 

すると、すぐに最初のかわいい子が話しかけてきた

 

僕は今週、いまいち"正体不明理論"を使えてないことがよくわかってきた

 

はぐらかしても、かなりの追撃にあう

 

ここはもっと研究が必要だ

 

 

パーティー後は、この組を連れ出しへ

 

雨の中、傘を使った神セパを発動か?

 

と思いきや、友達と一緒じゃないといやグダが止まらない

 

どちらかというと僕の担当子は既に仕上がってるかもしれないその子の友達と僕のリア友を心配していた

 

 

(いい雰囲気だからおれたちは邪魔しないでおこう)

 

 

 

全く響いてなかった!!

 

(4人で飲まないなら帰るよ?) 

 

 

 

ここはスーパー目配せコミュニケーションで4人で和み直すことで合致

 

4人で居酒屋で和み直し、退店

 

相手の居住地がわりと遠かったので、この日は僕は帰す方向でいたが

 

リア友は何がなんでも即りたい精神がすごく、再度、引き離しにかかる

 

肝心の和みの時にリア友がいくつか事故ってたっぽいので後でこれは反省会しよ笑

 

しかし

 

こちらはというと、なかなか食いつきがあがり、最初は嫌がっていた手繋ぎも

 

友達の視界を遮るようにタッチをしていくと自らも距離を縮めてきた

 

WEEK5に確実におせっくすしたい相手になった

 

 

----------------

 

声かけ:53(+24)

Lゲ:6(+2)

連れ出し:3(-2)

即:0(-1)

 

良かった点

  • あまり地蔵しなくなってきた
  • 声かけまでの初速が早くなった
  • 出撃したら最低でも連れ出せるようになってきた

 

改善点

  • 正体不明理論をいまいち使えてない
  • 連れ出し後の食いつきがいまいち
  • ハンドテスト時はTPOを意識

 

-----------------

 

SONGS OF THE WEEK

 

WHAT DO YOU MEAN it's 1985?(TRONICBOX REMIX) /JUSTIN BIEBER

 

 

 

 ジャスティンの昨年のアルバム:Purposeからの名曲、What do you meanの非公式リミックス

 

このTRONICBOXって人が相当職人すぎて80's音楽好きにとっては最高の一曲間違いなし

 

 あくまで非公式リミックスですし、まずクラブじゃかからないと思いますが、普通に良い曲ですね。ちょっと前にエンジニアや、プロデューサーの間でかなりバズってました。

 

 

 

◇ジャスティンといえば、この前セレーナとの結婚報道がありました。

 

理由についてはセレーナがSLEという病気を患い、それを心配したジャスティンが一緒に落ち着きたいから?とのことでした

 

SLEを患っていることは本人が公表しているので間違いないのですが、結婚報道については憶測の領域に過ぎません

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

 と、ここで終了する予定でしたが、旬じゃないので、せっかくなので旬なやつ紹介します

 

itun.es

 

 

 

 

 

itun.es

 

2010年頃からはPCの発達で誰もが、インターネットという海に自分の曲を流すことができるようになりました

 

その時代にちょうどミックステープがバズったのがこのThe weeknd

 

昔はもっとインディー音楽でしたけど、やはりメジャー移籍後は音にかなり分厚さが出てますね〜

 

そして今回新しく出たアルバムにはケンドリックラマーやラナデルレイなどのフューチャリングがありますが、なんとも言ってもダフトパンクとのコラボが激ヤバでしょうか

 

アルバム最初の曲、Starboyはそこまで感じられませんが、最後の曲I feel it comingはかなりダフトパンク色が出て良いですね

 

ダフトパンクはかなり有名なユニットなので知らねーと思ったあなたも聞いたことある曲あると思いますよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに、I feel it comingって

 

やべえ、いきそう。。

 

って意味らしいので、次、おせっくすする時は

 

Ohhhhhhhhhh,

I feel it cominnnnnngg!!!!!!!

 

って言うつもりです。

 

練習しときますね!

 

Ep.18 WEEK3 "I HATE U BUT I LOVE U"

f:id:shadowpond:20161116141333g:plain

 

きれいごとではつとまらない

販売の第一線で働くには

今までの自分の人格を変えなければならない

--------島耕作 『部長 島耕作』11巻 34p

 

 

クレームの対応、打ち合わせや飲み会でのお客さんからの無理な要求

ビジネスには数多くの理不尽なシーンがある

大小あれど、これはもう、避けられないものだ

大切なのは、相手を喜ばせ、信頼を勝ち取ること

そのためにはときにいつもの自分を壊してでも、その場を盛り上げなければならない

その日、朝まで久保山とつきあった耕作は、後日、跡継ぎの相談をされるまで彼からの信頼を勝ち取ったのだ

 

 

 

 

 

 

 

心地よい瞬間を味わってしまった。

 

それは先週の話で、いつぶりだろうというぐらいの安眠が出来た

 

 

ナンパは自己啓発とはよく言ったもので

 

仕事にもそれは影響が出ていた

 

明らかに以前とは反応が違う意欲が出ている

 

僕は今の職業のままでは絶対に終わりたくない

 

転職や副業を考えたこともある

 

しかし、まずはこの本業で結果を出すことにした

 

 

ここでぶれてしまっては意味がないのだ

 

 

 

 

DAY1

 

髪を切った

 

なんだか月が大きく見える日が近づいてきたので

 

 

 

 

僕:(なんかもう、スーパームーン見れるみたいなんで、僕も月っぽく、スーパー坊主いきますか??)

 

担当美容師:(なるほどー、それはいいですねー、◯◯くーん、バリカン持ってきてー)

 

 

 

僕:(・・・・・・・・・・・)

 

まさかほんとにやらねえよな。。やらねえよな。。。

 

言い出したのはこっちなのに、ちょっとびびった顔を伺ってか

 

美容師も、

 

で、今日はどうする?(笑顔)の一言

 

この人たちの観察力すごいなと思う

 

隣で切ってる子と美容師の会話もまじまじと盗み聞きしていたけど

 

女の子めちゃくちゃ食いついてるし

 

会話のテンポがいい

 

かなり参考になるところがあった

 

 

帰りに何回か声かけしてこの日は終了

 

 

 

DAY2

 

f:id:shadowpond:20161121113949g:plain

 

絶対に負けられない戦いがそこにはある

 

スポーツ観戦の日

 

1時間くらいかけて移動、ちょっとした旅行気分だったが

 

思えば、いつも僕が大都会に出てくるときはもっとかかってるな。。。

 

 

リア友が遅れるとのことで、暇なので、声かけ開始

 

さすが、雰囲気がいい

 

フルオープン、ガンシカなし

 

試合の直前だったため、そこは空気を読んで適当に和んで、声かけしてを繰り返す

 

リア友と合流

 

 

 

(※肝心の試合は良い結果になりました)

 

 

 

さて、この日はここで終わらない

 

絶対に負けられない戦いがそこにはある Part2

 

僕もプレイヤーなのだ

 

WEEK2でアポ負けした、ハロウィンバンゲ子とのアポがあった

 

テンションも高いし、声はかなり出していたので喉の調子も良い

 

この前はハンドテストすらダメだったのに、今回はもう終電なんてないだろ。

 

の時間に差し掛かるところでも承諾してくれた

 

本当はこちらももっとはやい時間でアポを入れたかったが、

 

どうしてもスポーツ観戦は逃すべきではないのでわざわざこの後に入れてもらった

 

 

約束の街にたどり着き、少し違った方法を試してみることにした

 

こんな時間に来たんだ。それなり覚悟はあるのかもしれない

 

腕を彼女のポケットに潜り込ませた

 

 

まだ抵抗がある

 

しかし、今日は諦めない

 

先ほどの試合は素晴らしい勝利だったからだ

 

今回は僕の番だ

 

このまま直ホも考えたが、まだまだ和みが必要だった

 

一旦、BARを挟み、状況を把握する

 

ちょっと攻め過ぎたのか、ガードは硬いままだった

 

 

一度、テンションを極端に下げてみることにした

 

すると少しづつ、相手から会話を始めるようになった

 

可能性がないなら、今日ここにはこなかったはずだ

 

それをお互いわかっていた

 

 

 

 

彼女はファイティングポーズをとり続けている

 

 

 

 

実は前回のアポの後、深夜に電話がかかっていた

 

ナース(今、◯◯にいない?)

 

僕(ちょうど、家の前まで帰ってきちゃったけど、近いからすぐ行けるよ)

 

ナース(やっぱいい。。ごめん。。)

 

電話は一方的に切られた

 

 

 

ちょうどこの不可解な事件について聞いてみた

 

この日は職場の先輩に急に呼び出され、そこへ向かったが、

 

実は合コンの補填要員として、だったらしい

 

そこまで彼女は怒っていなかった。

 

先輩の言うことは聞く。

 

やはり体育会系の科に属しているだけある

 

こういうのは慣れているんだろう

 

 

2人は平行線のまま、時刻は12時を過ぎようとしていた

 

ここでもう一度打診することにした

 

 

ホテル街へ向かう

 

 

 

ナース(どこ行くの?)

 

僕(前回はこの反対側から来ようとしたよね、わかるでしょ?)

 

ナース(行かない、行かないよ)

 

僕(コンビニで酒買う?)

 

ナース(買わない)

 

僕(じゃあ買わないで行く派なんだね)

 

ナース(そういうことじゃなくてさー笑)

 

最初の時よりはずいぶんハードルは下がっているように見えた

 

 

入室直前で想定内のグダ発生

 

相手は、入っても何もしない、寝るだけの一点張り

 

 

まあまあまあ、で流す

 

部屋に入ったあともバリカタ子だった

 

 

 

ゆっくり攻めていく、点は必ず決める

 

 

この子のセックストリガーはどこだ?

 

ギラつきながら、場所を探す

 

 

 

耳でもない、首でもない

 

 

ようやく唇を合わせることに抵抗はなくなったようだが、

 

服を脱ぐことに関してはまだだった

 

 

胸を触り始めるとそこから氷河は一気に溶けた

 

 

泥臭いゴールだった

 

せっかくなら内容もきれいなものを追求していこう

 

TOTAL COUNT 57

 

 

DAY3

 

前日は、長い戦いだったので休養が必要だった

 

圧倒的に睡眠時間足りない

 

泥のように眠る

 

 

DAY4

 

転勤により職場が変わっても、組織が変わったわけではない

 

昔の同僚や時間を共にした人たちとまた同じ環境で働くことになった

 

 

 

振り返ると、僕の大学時代はひどいものだった

 

受験勉強の反動で、完全に勉学に励むということはなくなった

 

テストは通ればいい

 

講義はほぼサボり、講義室にいても出席のために行くだけで用事が済めばすぐに帰る

 

自宅に帰ると、適当にテレビを見たり、録りためた映画を見たり怠惰な生活だった思う

 

f:id:shadowpond:20161122115633g:plain

 

 そんな暗黒時代に出会った女性と今日はアポだった

 

彼女とはサークルが一緒だった

 

学科は違うものの、年に一度の大事な行事のときに顔をあわせる程度

 

しかし、追いコンの時、僕は何かが違った

 

一丁前にこの日SEXをしようと企んでいた

 

お酒もすすみ、2次会の流れ

 

この時の実力では到底考えられないが、奇跡的に群れからはずれることができた

 

2人きりである

 

しかし、ここからの進め方がよくわからなかったらしい

 

彼女の家の前にたどり着き、僕の手札はなくなった。

 

そこからはお互い離れた生活を送っていた

 

 

大学卒業後、何度か会ったが、そこから一歩先に踏み出すことはなかった

 

 

今回の転勤で、彼女と同じ職場になった

 

久しぶりに連絡をとると、彼女からの連絡は恐ろしくはやいものだった

 

スムーズにアポが決まり、居酒屋へ

 

LINEの内容からは勝ちパターンの流れだった

 

恋愛の話になると、最近彼氏が出来たらしい

 

年数が経っている彼氏グダならまあ良いとして

 

付き合って間もないこの感じ

 

攻略しがいがある!

 

早速、座学で学んだフレーズを使用していく

 

僕:(ちゃんと甘えられてんの?彼氏に?)

 

女:(うーん、どうかな笑 そんなに会えてないし)

 

彼氏をいい人、大事にした方がいいと促しつつも、わずかな穴でも見つけていく作業

 

店を出ると、ハンドテストは微妙な感じになった

 

何せ、職場の近くなので、大通りを避け一本横道に入ったところでも

 

(誰がいるかわからないから)

 

の理由で、肌は触れても、微妙な距離感

 

当初、ヨネスケ狙いだったが、ホテルを探すことに

 

MAP APPを起動し、行き先を告げる

 

女:(私は遊ばないから!)

 

適当なこじつけでホテルまでたどり着く

 

ここからは少し長い攻防が続いた

 

f:id:shadowpond:20161122125152g:plain

 

 やっぱりこう考えると、ビジネスホテルの方がスムーズでいいよなーと考えつつも

 

よくわからないことを言っていたら入れた

 

f:id:shadowpond:20161122125450g:plain

 

 

 ギラつきから抵抗がなくなるまで、かなりの長期戦を予想していたが、そこまでかからなかった

 

準準準即ぐらいですので最初に会ったのはもしかして前前前世ぐらい?

 

TOTAL COUNT 58

 

 

DAY5

 

リア友とコンビ

 

その前にソロで声かけ

 

声かけがスムーズにできた日だった

 

初めてフロントアプローチを試みた結果、

 

ついにナンパ師の登竜門に出会う

 

その名を

 

"A◯WAY"という

 

ダレノガレに似たセクシーな彼女は強烈な信者だった

 

おまけに携帯の待ち受けは一見母親に見える人が映っていた

 

さっそくここを弄るが、

 

A◯WAY:(この人はね、お母さんじゃないの。A◯WAYで大成功した人なの)

 

僕:(・・・・・・・・・・・・・・)

 

 

 会社に連れ出されそうになるが、こちらも"会社はイヤグダ"を発動

 

なんとなく面白くなってきたのでとりあえずLゲ打診するも

 

(どうせ、買ってくれないでしょ?だからダメ!!)

 

と断わられ、

 

めんどくさくなってきたので放流

 

 

 

ガンシカ崩しのパターンも一定化してきた

 

ここで、ダメなら引くの境界線ができてきた

 

特に"Can you speak Japanese"を使ったときに本当にオープンしたのはびっくりした

 

(ただし、リアルに日本語がしゃべれないアジア系アメリカ人でしたっ)

 

 

"Can you speak Japanese?"

 

"NO!"

 

"Oh,where are you from?"

 

"United states!"

 

 

その後、ダッシュで立ち去る旅行者。笑

 

 

 

ここでリア友と合流

 

コンビ開始

 

うまくヒットしていなかったが、終盤、クラブ前の子たちを連れ出し

 

始めは2:2だったが元々3人で待ち合わせしていたらしく、

 

連れ出し先で2:3になる

 

かなり高めのテンションで声かけしたが、店内に入ったため

 

テンションをわざと落とし(店内なので)たが

 

なぜか、テンション低くなってると言われ、この辺のバランスの難しさを感じた

 

結局、一人誕生日の子がいて、サプライズで何人かの友達が来るという事態

 

その時、僕ら以外の連れ出し子たちが騒いだために一度店員に注意されるはめに笑

 

クラブに移動するとのことでLゲして準即狙いにしたが、連絡つかず

 

f:id:shadowpond:20161122161426g:plain

 

DAY6

 

早めの時間からスト開始

 

1声かけめで謎の占い師を連れ出し

 

カフェで僕も占ってもらうことになった

 

 

 

 

オラクルカードをご存知だろうか?

 

f:id:shadowpond:20161122164356j:plain

f:id:shadowpond:20161122164415j:plain

 

オラクルカードは占いの世界ではタロットカードよく比較されるもので

 

タロットカードとの違いは

 

  • 悪い意味がないこと
  • カード1枚1枚にはっきりした意味があること 
  • 引いたカードはあくまでその必要性にとどまる程度であるということ

 

であるらしく、

 

天使や女神、ユニコーンからメッセージを受け取るのだそうですっ!!

 

本当にあやしさ満点で今すパソコンを投げ飛ばしたいぐらいの胡散臭さ!!

 

f:id:shadowpond:20161122164109g:plain

 

 

 何はともあれ、カードを引いてみることに。

 

 

僕のターン!!!!ドロー!!!!!

 

 

f:id:shadowpond:20161122171015g:plain

 

f:id:shadowpond:20161122171109g:plain

 

 

僕が引いたのは確か、

 

f:id:shadowpond:20161122164609j:plain

 

 正確にはこのカードではないが、

 

そのカードには"転職"を意味する事柄が描かれていた

 

占い子には、

 

"今、転職考えてる?

なら、すぐにやったほうがいいよ。成功する"

 

と言われ、呆然とする

 

ま、転職考えた時期もあったな。。

 

これが、コールドリーディングか。。笑

 

あやうく引き込まれそうになったので、主人公を占い子に戻して会話を再開

 

向こうがリアルに友達と待ち合わせしていたので、時間がきてTIME UP

 

Lゲして放流

 

 

しばらくして、若めの子に声かけ

 

めちゃくちゃ反応いい。しかし、終始、お兄さんは絶対スカウトと言われる

 

挙句

 

私は、もうそういう仕事してるから間に合ってる

 

他の人に声をかけてきなっ!

 

の下りにめげずに和み開始

 

仕事の休憩中であり、Lゲして仕事終わり飲みを打診した

 

リア友と再び合流、昨日の連れ出しが悔しかったらしく、リベンジしたいと

 

 

 

1声かけ目を指名され、オープン今から友達と飲むとのことで2:2で打診し、OKもらう

 

偶然、近くにいたことを装ってもらい友達に電話

 

コンビ連れ出し

 

僕が声をかけた担当子は、近々行くナンパの遠征先になるところからの旅行者だった

 

勝手に盛り上がり、その遠征先の話で和む

 

話が進むにつれ、方言が出てきた

 

リア友もだんだんと担当子を仕上げてきたので、ここでセパへ

 

セパはなんとかきれいに決まる

 

しかし、ここで

 

先ほどLゲした風俗嬢?からはやく仕事終わったからこい!の招集を受ける

 

 

 

これは究極の選択だった

 

 

 

目の前の方言かわいい女子をとるか、風俗嬢をとるか

 

 

 

すると、ここで、方言ちゃんにLINEが入る

 

どうやらバンドマンから連絡

 

この子はこのバンドのかなりのファンだった

 

よし、この子を送り届けて、風俗嬢をとろう

 

 

彼女の待ち合わせ先まで丁寧に送る途中、

 

風俗嬢からのLINEがくる

 

もう帰るよー、早くしてー

 

 

これはやばい

 

両方を追うのはかなり難しかった

 

途中で旅行者が女とLINEしてることに気づく

 

 

 

ほらー、どうせいっぱい女がいるんでしょ。その子に今からあって来なよ 

 

 

 

バレてる笑

 

店の中ではすでにLINEを交換してしまっていたために次があると思い込ませてしまったか

 

しかし、結果的にはこれがうまくハマった可能性も

 

今日はどのみち風俗子にいこう

 

方言ちゃんと別れ、駅までダッシュ

 

ものすごい早かったのでスカートはいてた女子は風でめくれてました

 

パンツ見えた人はラッキーかも、僕は急ぎすぎて見えなかったけど

 

 

 

ようやく到着

 

機嫌をうまい具合になおして、居酒屋へ

 

なぜかこの時点で既に仕上がっている

 

なぜだ?本当になぜだ?居酒屋ではすぐに

 

今日は家に行きたい♡の逆打診

 

 

(家はダメだ・・弟の家は絶対ダメだ・・・)

 

適当なこじつけで回避

 

 

 

はやめの退店でホテルへ

 

ここまでは完全なる勝利

 

 

しかし、ドラマは意外な展開を見せる

 

彼女は正確には風俗嬢ではない

 

ヘルスの立ち位置だった

 

とてつもない変態というのはわかるが、彼女の口からとんでもない言葉が出てきた

 

 

ヘルス子:(あのね、わたしは処女なの。ほんとに好きな人としかしないからね)

 

僕:(いつもエロいことしてて処女とか、どんなギャグだよまじで笑)

 

ヘルス子:(え、ほんとだよ?ほんとだもん。本番ないし。)

 

 

徐々にギラついていくが、これがどうやら本当のようだった

 

氷はゆっくり溶かす、ゆっくり溶かしていく

 

いつもの仕事では下着の上からはOKらしく、敏感な場所は敏感だった

 

そういう道具を使いすぎているから?なのか、わりと圧力強めにしないと気持ち良くならない

 

スイッチは完全に入り、お互い裸だった

 

そういえば、処女と今までSEXするのなんて本当にいつ以来なんだろうか

 

頭はかなり冷静だった

 

しかし、下半身は完全に野生の猿、言うこと聞かないよね

 

いざ、挿入すると、そりゃ痛いよねっていう反応

 

今までにない超スローモーションピストン

 

からのマネキンチャレンジ

 

f:id:shadowpond:20161125103902g:plain

 

 

 少し動かしてから、またピストン停止を繰り返すこと数十分

 

相手が慣れてきたのか、女の顔になってきた

 

そして、

 

ヘルス子:(ねぇ、鏡のある部屋でしたいの。バックで挿れられてる自分をみたい)

 

僕:(さすが変態。笑)

 

ヘルス子(いや?)

 

僕(いやじゃないよ、最高だろ!)

 

様々な体位を求めてくる。なんて好奇心旺盛なんだ。

 

今回はいつもはしない2回戦もし、だいぶ満足

 

TOTAL COUNT 59

 

 

DAY7

 

f:id:shadowpond:20161125105426g:plain

 

朝からHNSフットサル部

 

本来なら、ジムに行ってそこから参加の予定だったが

 

前日の即のあと爆睡していたためにワークアウトは見送りとなった

 

講習会自体も久しぶりだっために、フットサル部の久々の参加

 

f:id:shadowpond:20161125120257j:plain

 

 

ついに来月は、大会に出るっ!

 

 

さて、このフットサル部の目標は何なのだろうか?

 

 

◆勝ちに行くのか?

 

◆楽しめればそれでいいのか?

 

 

佐藤さんと、KING Kは意見は"勝ちにいく"だった


それに従うとすると、今のままじゃ勝てないのは明白である


練習の雰囲気も、のほほんとしているので(まぁ、これはこれで良いと思うのですが)

 

楽しむチームではなく、勝ちにいくチームを作るとすると、

 

今からある程度のテコ入れが必要

 

そこで、自分なりに優勝への改善点及び本番での対策を考えてみた

 

まず、このメンバーはボールよりも、女の尻を追いかけることに情熱を持ってしまうので

 

本番では、ほんとにボールに集中しなければならない(これは僕もです笑)

 

また、なるべくボールに触れてリズムを掴むこと

 

ボールに触れることと、声かけは同じような感覚がした

 

以下は改善点及び対策をまとめたものです 

 

 

 

RULE.1 声をかけたい女がいたら、遠慮なく、交代すること

 

 

 

幸いなことに、フットサルは交代自由なので美女がいたらすぐに外へ出る必要がある

 

ここで、いくつかの問題が生じてくる

 

相手チームにかわいい子がいたらどうするのか、ということ

 

このことに関しては交代してもしょうがないので、圧倒的に負かす

 

そこから、”勝ちたきゃ、おれたちについてこい”のオーラだせばいいのではないかと(強いオスアピール)

 

相手チームのマネージャー等にかわいい子がいた場合でも同じである

 

 

 


RULE.2 スタメンは経験者で固める

 


最初から相手に主導権をとられると、こういう大会では、ずるずるいく傾向にある

 

まずは、2-0や3-0の状態にする

 

そこから、交代してみなさんに出場してもらう

 

交代のときも全員交代ではなくて1人か2人は残さないとひっくり返される可能性あり

 

 

 

 RULE.3 RULEを知る

 

すべて知る必要はない、書物もそうだと思うんですけど、必要なところだけ、かじっとけば最初はいい

 

アウトラインをしっかり把握できていないと、土台ができない

 

僕らが、最低限知っておかなければならないルールは

 

 

◯キーパーに戻していいのは1回

 

(ただし、ハーフコートを相手側に超えた場合もしくは相手選手がボールに触れた場合にはリセットされる)

 

 

 

◯4秒ルール

 

とにかく、ボールを置いたら、すぐに始めることを心がける

 

 

◯ショルダータックルは基本的に禁止

 


サッカー経験者によくありがちなのが、ガチガチにコンタクトをしてしまうところ

 

これ、結構経験者が集まって、空気読まずにガチになってしまうときに発生することなんですけれど

 

フットサルのルール上は、例え肩でもファウルになる

 

しかしながらこの辺は主審の好き嫌いもあり、そこまでガチの大会じゃない限りある程度は緩くなる

 


HNSフットサル部では、そこまで激しいコンタクトがないので、

 

これ本番はどうかなっていうのはありませんが、

 

本番では鼻息荒らしたテストステロンうんこ男が激しいタックルをしてくる可能性があるのでそこは僕も審判に訴えかけます。

 

 この辺は始まってみないとわからないので、HNSで学んだ理解者クロージング等を使用して笑 審判を味方につけよう作戦

 

 

 

 

 

 

 

他にもここに書きたい作戦はあるのですが、これ以上書くと僕らの作戦がばれるので、終わりにします笑

 

何はともあれ、優勝を目指した限り、僕は全力でいきます

 

お昼をはさんで、全体講習へ

 

ほんとに久しぶりの参加だったので、まだ知らないBroもちらほらと。。

 

終始KING Kとお話して、その後は軽くスト、懇親会の流れに

 

 

 

関西のドンHJさんのブログおもしろいです、とファンアピール出来ました笑(実際にそうです)

 

 

 

-------------

声かけ:29

Lゲ :4

連れ出し:5

即:1

TOTAL COUNT 59 (+3)

 

/WEEK

 

 

--------------------

 

新しく、SONG OF THE WEEKというコーナーを設けました

 

音楽大好きの筆者がナンパとは少し関係ないかもしれないMUSICを紹介します

 

 

SONG OF THE WEEK

 

Closer/ The chainsmokers

 

 

 

最初からすごくベタな曲の紹介ですが笑

 

NYを拠点に活動する二人組DJユニットThe chainsmokers

 

彼らを知ったきっかけになったのがselfieという曲でこれもまた良い

 

今はテンポを落として、マスを意識した曲調になってますが

 

彼らのDJセットは結構攻めてきますので良いです

 

ちなみに、この夏、彼らのSHOWを見ましたが、大満足でした

Ep.17 WEEK2"NEIL ARMSTRONG"

f:id:shadowpond:20161115143223g:plain

 

これは人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ

---ニール・アームストロング

 

大きなドラマがあった

 

僕は君を絶対に忘れない、絶対にだ

 

本当にありがとう

 

 

 

 

DAY1

地方で仕事があったため、定例ローカルスト週間に、そして移動

 

デッドリフトで腰があの世に行き、さらに内転筋も相当追い込んだため

 

下半身の壮大な筋肉痛のオンパレードに陥る

 

今までこんなことはなかったのだが、下半身のトレーニングは久しぶりだったためなのか

 

DAY2

仕事がはやく終わる週のため、ローカルストを決行しようとするも

 

この日も筋肉痛がMAXやばい

 

そこで、HNS MOVIEを見まくることにした

 

まず、僕は足を止めさせることを意識した方がいいのかもしれない

 

非常に内容が濃いので、これはかなり繰り返し見ないと習得できない可能性あり

 

そして面白すぎる

 

 

f:id:shadowpond:20161115144639g:plain

 

 

 

 

DAY3

ローカルストへ

 

都心よりは声がかけやすい雰囲気があった

 

ただ、全く地蔵しなかったか?聞かれるとそうではない

 

まず、街に出て、すぐに声をかけれるかが問題点

 

軌道に乗れば、その後の声かけ数も伸びそう

 

 

そんなこんなで1時間ぐらいやった後

 

目の前には金髪の子が歩いていた

 

金髪の子にはもれなく体が吸い寄せられてしまうため、スムーズに声かけ

 

秒で連れ出しが決定

 

仕事の時間までならとのことでOKをもらう

 

話を聞いた限り

 

  • 未成年
  • 家出をしがち
  • 彼氏はニート
  • 夜系は楽しい

 

の様々な要素を引き出す

 

楽しくごはんを食べ、とりあえずホテルチャレンジも失敗

 

カラオケで和もうとするも

 

どうせカラオケでヤろうとか言い出すんでしょ?

 

と、ばれてる。

 

そうだねと笑いながら答える

 

この辺は愛嬌で

 

時間もきたため、解散

 

番号は交換せずに、声かけ再開

 

 

この日は何かあると感じていた

 

 

 

佐藤さんが憑依してる??

 

それとも、この前買ったスチーム美顔器の影響か?

 

 

 

こんなに反応いい日も久しぶりだが、

 

佐藤さんが憑依してるなら

 

f:id:shadowpond:20161115152108j:plain

 

シャーマンキング???的な???

 

(※さとうさんは生きています、地縛霊ではありません)

 

 

冗談は置いといて、

 

ローカル云々抜きにしても

 

反応は良いのは確か

 

金髪ガールにも、

 

なんか慣れすぎてて、すごいわ

 

声のかけ方が自然でうまかったとフィードバックを頂く

 

(まぁ、即ってないけどな!!笑)

 

 

 

 

正面からOLが出現

 

どうやら今から会食らしく、その後なら会ってもいいよと

 

向こうから提案される

 

Lゲして、解散

 

 

 

しばらくして、また夜系っぽい子を発見

 

もう帰るよ、連呼してたが

 

飲みたいからやっぱ行くと2連れ出し目

 

この21歳のキャバ嬢はお姉さんもキャバ、妹もキャバになるらしくて

 

夜系の血筋なのか。。?

 

と期待したのに親は普通というオチをかましてくれた

 

居酒屋では、いろんなトークしながらも会話のピークで切り

 

ビジネスホテルへ移動することに

 

ここでホテル予約がスムーズにいかない、3つかけてようやく部屋が空いているとのことでタクシー移動

 

ハンドテストはかなりスムーズだった

 

握り返しもある

 

直前にはキャバの姉からなぜか電話がかかってきていた

 

すぐに切ってくれたが、何度も電話がある

 

部屋につき、すぐにギラつき

 

キス、そして手マン

 

また姉からの電話が鳴っている

 

一度ちゃんと電話したいとのことで

 

荷物を置いて、廊下に出た

 

戻ってきて再開する

 

下着を丁寧に脱がす

 

すると、

 

 

 

キャバ子:シャワーを浴びてきてほしい

 

僕:じゃあ、一緒に入ろうよ?

 

キャバ子:いや笑 ってゆか、先入って! 私が浴びてるときもみちゃダメだよ?

 

 

 

押し問答が続き、結局最初に入る羽目に

 

僕はこの時点で勝ちを確信していた

 

あぁ、

 

これで

 

ストで即りましたっ!!!!

 

と、さとうさんに報告できる。とニンマリ

 

すぐにシャワーから出て部屋に戻った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女はいなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の荷物もない

 

 

 

残されていたのは僕の服だけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shadowpond:20161115155107g:plain

 

消えた・・・だと?

 

 

さすがに気が動転してしまった

 

スマホと財布は風呂場近くに持ち込んでいたために

 

最悪の事態は起きなかったが、

 

勝ちを確信したときほど、大きな落とし穴があるとはこのことか。。

 

 

おそらくだが、

 

ほぼノーグダだったことを考えると

 

姉からの電話で冷静になってしまったことが最大の原因だと考えられる

 

絶対にこの後の展開は向こうもわかっていたはずだし

 

会話の内容からも、隙があったら逃げよう

 

という風なものでもなかった

 

 

それが、姉の電話で崩れてしまったと

 

帰ってこいとかすぐ近くにいるからと言われて魔法は解けてしまったのか

 

人生初の即はあともう少しのところで終わった

 

スマホにはさっきLゲした子から何通もきていた

 

うまくいけばこの子を即れたかも知れないのに。。

 

 

選択というのは時として残酷だ

 

彼女を連れ出さなかったら

 

きっとブーメランでOLと合流していただろう

 

しかし、僕はこのキャバ嬢に期待をしていた

 

もう少しだった

 

本当にもう少しだった

 

悔しさが残るまま、朝を迎えた

 

 

きっとあの子は幽霊だったんだ。。うん。。きっとそうに違いない。。

 

 

 

DAY4

DAY3のOL子とアポが早速入る

 

約束の最寄り駅にはタイプな子がいたので声かけ

 

僕もあまり時間がなかったために、とりあえずLゲだけする

 

OLと時間通りに居酒屋in

 

昨日は暗くてよくわからなかったが、コートで隠れていたということもあり

 

僕がギリギリ耐えられる体型であった

 

f:id:shadowpond:20161115170057g:plain  

 

昨日送ったLINEのごめんねレスの内容がかなり刺さったらしく

 

(僕はふざけながら打ってましたけど)

 

私の職業知ってたでしょ???と

 

しつこく聞いてくる

 

初めから分析していなかったので面白い展開になってきた

 

 

ノーグダでホテルへ

 

TOTAL COUNT 55

 

 

DAY5

仕事が終わり、夜遅くに都心へ戻る

 

とくに何もない日

 

だが、遂にマッチングアプリは全部切った

 

意外に手続きに時間がかかったが、もうこれで後戻りは出来ないし、わざと追い込まれるような状況を作ることが出来た

 

DAY6

昼過ぎから声かけ開始

 

昼の方が、ナンパ師があふれていたのに

 

夜は案外少なかった

 

僕が認識できていないだけか?

 

 

ちょうど家族と夜に食事があったために

 

あと一声かけしたら移動しようと思っていた

 

 

最後の一声かけで連れ出すことに

 

普段は看護師やってるが、空いてる日はキャバをやってると

 

何なのだ、、最近の夜系ヒット率・・・

 

 

無理せず、Lゲして解散

 

その後はラリー続かず

 

f:id:shadowpond:20161115170714g:plain

相手は出勤前だったこともあったが、今回の場合は無理してでも即狙いだったか。。

 

DAY7

夕方まで寝てしまうという事故

 

正確には普段通り就寝し、朝ジムで筋トレ

 

昼ごはんを食べ、さぁ出るぞ!!

 

と、気合を入れたあと、気がつくと寝ているという

 

 

夕方すぎから出撃

 

この日の反応は悪くない

 

ちょうど7声かけ目でナンパの神様は微笑んだ

 

 

僕:スパイだ、絶対スパイでしょっ

 

スパイ:いや笑 全然、笑

 

僕:今日のスパイの活動はなんですか?まさか人を殺めてないですよね?

 

スパイ:違いますって笑 本買いにきたんです

 

 

 

 

そう、スパイのような格好をした彼女は中古本を買いにきたのだった

 

スパイネタで引っ張り、僕も、本屋で一緒に行くことになった

 

この子は本当に本を買いにきたのか?

 

それとも僕と合流したから、選びづらくなったのか?

 

なかなか手が本に伸びずに歩き続けている

 

最近は、有名な起業家の本を読んだらしい

 

僕もそれは読んでいたのでその話で盛り上がる

 

時間も時間だっただけに、ごはんを提案

 

お腹が空いていたのか、二つ返事で行くと

 

連れ出し

 

その後はいつものコースで

 

 

交際経験もあまりなく、彼氏なし

 

大学を卒業し、今は正社員ではないものの、アルバイトをしている。

 

やっぱり金髪だった

 

金髪は絶対に声をかけてしまいがち

 

彼女からはいくつかのIOIを感じていた

 

  • 彼女いるでしょー?
  • モテそう
  • 休みの日は何してるのー?

 

この週は即未遂があっただけに丁寧に事を運ぶ

 

帰りのエレベーターでキスをした向こうが体を寄せてきた

 

押し寄せる興奮

 

しかし、前回はここでミスってるので頭を冷静にさせることに

 

ノーグダ、ホテルin

 

無事に体を重ねた

 

久しぶりの達成感がこみ上げてきた

 

遂に。。完ソロ初即。。!!!

 

 

 

 

僕は、君を忘れることはないだろう

 

本当にありがとう

 

 

TOTAL COUNT 56

 

/WEEK

声かけ:42

Lゲ:5

連れ出し:4

即:1

 

良かった点

  • HNS MOVIE見て、さとうさんを憑依させることに成功
  • マッチングアプリをやめる

 

改善

  • まだまだ声かけできるはず、声かけ伸びればもっといけるはず

 

 

 

声をかけただけ、ドラマがある

 

そう肝に銘じます