読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はメジャーリーグに行くことにした Season:2

心機一転、ストリートで結果を出す

Ep.17 WEEK2"NEIL ARMSTRONG"

f:id:shadowpond:20161115143223g:plain

 

これは人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍だ

---ニール・アームストロング

 

大きなドラマがあった

 

僕は君を絶対に忘れない、絶対にだ

 

本当にありがとう

 

 

 

 

DAY1

地方で仕事があったため、定例ローカルスト週間に、そして移動

 

デッドリフトで腰があの世に行き、さらに内転筋も相当追い込んだため

 

下半身の壮大な筋肉痛のオンパレードに陥る

 

今までこんなことはなかったのだが、下半身のトレーニングは久しぶりだったためなのか

 

DAY2

仕事がはやく終わる週のため、ローカルストを決行しようとするも

 

この日も筋肉痛がMAXやばい

 

そこで、HNS MOVIEを見まくることにした

 

まず、僕は足を止めさせることを意識した方がいいのかもしれない

 

非常に内容が濃いので、これはかなり繰り返し見ないと習得できない可能性あり

 

そして面白すぎる

 

 

f:id:shadowpond:20161115144639g:plain

 

 

 

 

DAY3

ローカルストへ

 

都心よりは声がかけやすい雰囲気があった

 

ただ、全く地蔵しなかったか?聞かれるとそうではない

 

まず、街に出て、すぐに声をかけれるかが問題点

 

軌道に乗れば、その後の声かけ数も伸びそう

 

 

そんなこんなで1時間ぐらいやった後

 

目の前には金髪の子が歩いていた

 

金髪の子にはもれなく体が吸い寄せられてしまうため、スムーズに声かけ

 

秒で連れ出しが決定

 

仕事の時間までならとのことでOKをもらう

 

話を聞いた限り

 

  • 未成年
  • 家出をしがち
  • 彼氏はニート
  • 夜系は楽しい

 

の様々な要素を引き出す

 

楽しくごはんを食べ、とりあえずホテルチャレンジも失敗

 

カラオケで和もうとするも

 

どうせカラオケでヤろうとか言い出すんでしょ?

 

と、ばれてる。

 

そうだねと笑いながら答える

 

この辺は愛嬌で

 

時間もきたため、解散

 

番号は交換せずに、声かけ再開

 

 

この日は何かあると感じていた

 

 

 

佐藤さんが憑依してる??

 

それとも、この前買ったスチーム美顔器の影響か?

 

 

 

こんなに反応いい日も久しぶりだが、

 

佐藤さんが憑依してるなら

 

f:id:shadowpond:20161115152108j:plain

 

シャーマンキング???的な???

 

(※さとうさんは生きています、地縛霊ではありません)

 

 

冗談は置いといて、

 

ローカル云々抜きにしても

 

反応は良いのは確か

 

金髪ガールにも、

 

なんか慣れすぎてて、すごいわ

 

声のかけ方が自然でうまかったとフィードバックを頂く

 

(まぁ、即ってないけどな!!笑)

 

 

 

 

正面からOLが出現

 

どうやら今から会食らしく、その後なら会ってもいいよと

 

向こうから提案される

 

Lゲして、解散

 

 

 

しばらくして、また夜系っぽい子を発見

 

もう帰るよ、連呼してたが

 

飲みたいからやっぱ行くと2連れ出し目

 

この21歳のキャバ嬢はお姉さんもキャバ、妹もキャバになるらしくて

 

夜系の血筋なのか。。?

 

と期待したのに親は普通というオチをかましてくれた

 

居酒屋では、いろんなトークしながらも会話のピークで切り

 

ビジネスホテルへ移動することに

 

ここでホテル予約がスムーズにいかない、3つかけてようやく部屋が空いているとのことでタクシー移動

 

ハンドテストはかなりスムーズだった

 

握り返しもある

 

直前にはキャバの姉からなぜか電話がかかってきていた

 

すぐに切ってくれたが、何度も電話がある

 

部屋につき、すぐにギラつき

 

キス、そして手マン

 

また姉からの電話が鳴っている

 

一度ちゃんと電話したいとのことで

 

荷物を置いて、廊下に出た

 

戻ってきて再開する

 

下着を丁寧に脱がす

 

すると、

 

 

 

キャバ子:シャワーを浴びてきてほしい

 

僕:じゃあ、一緒に入ろうよ?

 

キャバ子:いや笑 ってゆか、先入って! 私が浴びてるときもみちゃダメだよ?

 

 

 

押し問答が続き、結局最初に入る羽目に

 

僕はこの時点で勝ちを確信していた

 

あぁ、

 

これで

 

ストで即りましたっ!!!!

 

と、さとうさんに報告できる。とニンマリ

 

すぐにシャワーから出て部屋に戻った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女はいなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の荷物もない

 

 

 

残されていたのは僕の服だけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:shadowpond:20161115155107g:plain

 

消えた・・・だと?

 

 

さすがに気が動転してしまった

 

スマホと財布は風呂場近くに持ち込んでいたために

 

最悪の事態は起きなかったが、

 

勝ちを確信したときほど、大きな落とし穴があるとはこのことか。。

 

 

おそらくだが、

 

ほぼノーグダだったことを考えると

 

姉からの電話で冷静になってしまったことが最大の原因だと考えられる

 

絶対にこの後の展開は向こうもわかっていたはずだし

 

会話の内容からも、隙があったら逃げよう

 

という風なものでもなかった

 

 

それが、姉の電話で崩れてしまったと

 

帰ってこいとかすぐ近くにいるからと言われて魔法は解けてしまったのか

 

人生初の即はあともう少しのところで終わった

 

スマホにはさっきLゲした子から何通もきていた

 

うまくいけばこの子を即れたかも知れないのに。。

 

 

選択というのは時として残酷だ

 

彼女を連れ出さなかったら

 

きっとブーメランでOLと合流していただろう

 

しかし、僕はこのキャバ嬢に期待をしていた

 

もう少しだった

 

本当にもう少しだった

 

悔しさが残るまま、朝を迎えた

 

 

きっとあの子は幽霊だったんだ。。うん。。きっとそうに違いない。。

 

 

 

DAY4

DAY3のOL子とアポが早速入る

 

約束の最寄り駅にはタイプな子がいたので声かけ

 

僕もあまり時間がなかったために、とりあえずLゲだけする

 

OLと時間通りに居酒屋in

 

昨日は暗くてよくわからなかったが、コートで隠れていたということもあり

 

僕がギリギリ耐えられる体型であった

 

f:id:shadowpond:20161115170057g:plain  

 

昨日送ったLINEのごめんねレスの内容がかなり刺さったらしく

 

(僕はふざけながら打ってましたけど)

 

私の職業知ってたでしょ???と

 

しつこく聞いてくる

 

初めから分析していなかったので面白い展開になってきた

 

 

ノーグダでホテルへ

 

TOTAL COUNT 55

 

 

DAY5

仕事が終わり、夜遅くに都心へ戻る

 

とくに何もない日

 

だが、遂にマッチングアプリは全部切った

 

意外に手続きに時間がかかったが、もうこれで後戻りは出来ないし、わざと追い込まれるような状況を作ることが出来た

 

DAY6

昼過ぎから声かけ開始

 

昼の方が、ナンパ師があふれていたのに

 

夜は案外少なかった

 

僕が認識できていないだけか?

 

 

ちょうど家族と夜に食事があったために

 

あと一声かけしたら移動しようと思っていた

 

 

最後の一声かけで連れ出すことに

 

普段は看護師やってるが、空いてる日はキャバをやってると

 

何なのだ、、最近の夜系ヒット率・・・

 

 

無理せず、Lゲして解散

 

その後はラリー続かず

 

f:id:shadowpond:20161115170714g:plain

相手は出勤前だったこともあったが、今回の場合は無理してでも即狙いだったか。。

 

DAY7

夕方まで寝てしまうという事故

 

正確には普段通り就寝し、朝ジムで筋トレ

 

昼ごはんを食べ、さぁ出るぞ!!

 

と、気合を入れたあと、気がつくと寝ているという

 

 

夕方すぎから出撃

 

この日の反応は悪くない

 

ちょうど7声かけ目でナンパの神様は微笑んだ

 

 

僕:スパイだ、絶対スパイでしょっ

 

スパイ:いや笑 全然、笑

 

僕:今日のスパイの活動はなんですか?まさか人を殺めてないですよね?

 

スパイ:違いますって笑 本買いにきたんです

 

 

 

 

そう、スパイのような格好をした彼女は中古本を買いにきたのだった

 

スパイネタで引っ張り、僕も、本屋で一緒に行くことになった

 

この子は本当に本を買いにきたのか?

 

それとも僕と合流したから、選びづらくなったのか?

 

なかなか手が本に伸びずに歩き続けている

 

最近は、有名な起業家の本を読んだらしい

 

僕もそれは読んでいたのでその話で盛り上がる

 

時間も時間だっただけに、ごはんを提案

 

お腹が空いていたのか、二つ返事で行くと

 

連れ出し

 

その後はいつものコースで

 

 

交際経験もあまりなく、彼氏なし

 

大学を卒業し、今は正社員ではないものの、アルバイトをしている。

 

やっぱり金髪だった

 

金髪は絶対に声をかけてしまいがち

 

彼女からはいくつかのIOIを感じていた

 

  • 彼女いるでしょー?
  • モテそう
  • 休みの日は何してるのー?

 

この週は即未遂があっただけに丁寧に事を運ぶ

 

帰りのエレベーターでキスをした向こうが体を寄せてきた

 

押し寄せる興奮

 

しかし、前回はここでミスってるので頭を冷静にさせることに

 

ノーグダ、ホテルin

 

無事に体を重ねた

 

久しぶりの達成感がこみ上げてきた

 

遂に。。完ソロ初即。。!!!

 

 

 

 

僕は、君を忘れることはないだろう

 

本当にありがとう

 

 

TOTAL COUNT 56

 

/WEEK

声かけ:42

Lゲ:5

連れ出し:4

即:1

 

良かった点

  • HNS MOVIE見て、さとうさんを憑依させることに成功
  • マッチングアプリをやめる

 

改善

  • まだまだ声かけできるはず、声かけ伸びればもっといけるはず

 

 

 

声をかけただけ、ドラマがある

 

そう肝に銘じます