僕はメジャーリーグに行くことにした Season:2

心機一転、ストリートで結果を出す

Ep.25 WEEK10"GET LOW"

 

f:id:shadowpond:20170114163008g:plain

 

 

機を逃すことが一番やってはならないことです

----------島耕作

 

 

 

遠征から帰ってきて、大事なことが残っていた

 

弟をHNSに入れる

 

ネタではなく、本当に入れるつもりだ

 

彼は、僕がナンパをしてることぐらいはわかっているが

 

HNSに入っていることは知らない

 

 

 

どうやってその気にさせるか

 

 

 

もう1人、重要人物を召喚

 

少し前に入った勢いのあるT君

 

なんと、、、弟と同じ環境で過ごしているという事実

 

 

 

弟邸にて、まずはT君と弟が和む

 

さすが、同学年。 会話が身内すぎてついていけない、ありがとう笑

 

 

僕はいつもよりもだいぶ慎重になっていた

 

もし、NOと言われると、その代償は大きい

 

 

 

実際の僕は、用意していた言葉のほとんどが出てこなかった

 

いや、言葉が連動してない

 

ほとんどが途切れ途切れのものしか与えられない

 

これは、まるで初心者が作った短いそば

 

 

なんとか立て直して、本題に入る

 

僕:(T君と会ったのは実は、同じ集団にいるからなんだ。ナンパスクール)

 

弟(は?)

 

僕:(ま、そのままなんだけど。おれたちは同じ集団に所属していて、それで知り合った)

 

弟:(へぇ。。。)

 

僕:(お前さ、このままでいいの?

 

このままの人生で終わっていいの?

 

親が敷いたレールの上を歩くことはそりゃ簡単だって。イエスマンでいればいいんだから。

 

将来、結婚相手がどういう人かっていうのはお前も十分知ってるよな?

 

でも、お前が選ぶその人はほんとに正しい選択だって言い切れるか?

 

自信がないのだったら自信がつくまで遊び尽くしてほしい。

 

そしたら女を見る目が養えるって。

 

この前、2代目経営者が会社をつぶすって本読んでたよな?

 

おれと親は少し心配しているんだ。

 

お前のいいところは大人しくて謙虚なところだ。

 

だが、慎重ゆえに大胆な行動に欠けてしまう。

 

今のままだったら会社は良くて変化なしだ。

 

でもほとんどが衰退する可能性の方が高いよ。

 

普通なことやってたら普通以下。

 

どこか突き抜けないと、成功はない。

 

でも、薄々お前もわかってるだろ)

 

 

 

弟:(確かに、ナンパでコミュ障直ればすげえ)

 

僕:(?)

 

弟:(?)

 

話題は金額の話へ。

 

そこはT君もいることでクリア

 

その後なんだかマルチっぽくもなってしまったが、決意は固められた模様

 

僕:(結局何でもそうだけどさ、他人が強制しても仕方ないじゃん?自分でうごいてナンボじゃん、別にお前が入らなくてもおれたちは全然気にしないよ)

 

弟:(入るわ、まじで)

 

 

 

 

 

 

次の日

 

新年ナンパノック

 

この日の始まりよりもだいぶ早めに目が覚めてしまい、近所へ散歩

 

今にもよだれが垂れそうな女が店のメニューを見ている

 

僕:(腹減ったよねー

 

一緒にごはんを食べる流れになり、軽く世間話をした

 

ほんとにただただ一緒にごはん食べてる謎の人のままで終わってしまったということ

 

第一に集合時間遅れてる

 

適当なところで見切りをつけて

 

目的地へ

 

 

さて、スタートから出遅れたものの、声かけは伸びていく

 

遠征でついた自信

 

無理な連絡先交換はしないことにした

 

僕が目指すのはあくまで100点(抱けば一発でゲーム終了)

 

 

 さて、声はかけてもやはり遠征先とはだいぶ温度差がある

 

そうこうしているうちに昼になった

 

特に焦ることはなかったが、king kやT君たちとは大きく差が開いている模様

 

昼ごはんを食べ、数時間が経過

 

道端ですれ違ったKING Kに指名された女に声をかける

 

外資系航空会社のグランドスタッフだった

 

某外国語の勉強のために本を探しにきたらしい

 

それを探すのを手伝ってカフェへ

 

当初より笑顔は見られたが

 

フライトルーティンを使ってもあまり響いてない

 

その後も試行錯誤を重ねたが

 

食いつきが一向に上がらないまま

 

一応ハンドテスト

 

かすりもしない笑

 

健全解散し、後日おデートすることに(キレイだったので。。)

 

 

 

連れ出しをすると、僕はやっとゾーンに入れる

 

この状態は言わば、通常よりもパワーアップした状態

 

 

 

次の声かけでギャルを連れだした

 

(あ、おれ今ノってるわー。)

 

再び同じ店へ

 

目を丸くする店員

 

僕は思わず下を向いて笑ってしまった

 

美容系に勤める彼氏持ち

 

某ギャルグループの話題で盛り上がるが

 

そこからいまいち進展せず

 

固定観念を崩すことができず

 

さらに洗濯物グダ発生し、じゃあ一緒にたたんであげるよの一言もものすごい拒絶反応

 

解散

 

 

ここまでで既に80点越え

 

 時間としては、あとは90分ぐらいだ

 

 

女子大生っぽい子に声をかける

 

ゾーンに入っている僕は相変わらず調子がいい

 

会話が続く

 

JD子:(コーヒー奢ってくれるならついていってあげてもいいけど?)

 

僕:(奢ってくれるの?ありがとう)

 

JD子:(いやいやそっちが笑)

 

 

 

 

少しここを粘りすぎてしまって

 

せっかく連れ出せたのに向こうのテンションが下がる

 

ステータスを下げないことを意識していたがここはあっさり変に攻防するなら粘らずに一杯ぐらいは出すで良かったかも

 

更に続けていくと、

 

なんとこの子もあのA◯WAY

 

最近のヒット率と言ったら一体

 

カフェでその話をしようとしてくる

 

だいぶ僕のテンションが落ちてしまい、解散

 

今年は、A◯WAY抱いて、洗脳解除させることを視野に入れたいところ

 

 そうこうしているうちに終了の時刻は近づいてくる

 

最後の最後に某アジア人と連絡先交換し、100点を超える

 

最後は皆でお互いの健闘を讃え終了

 

T君優勝!!!!!!!! 

 

 

 

 

 

遠征編 Part.2

 

前回の遠征から数日後、

 

新たなページをめくろうとしていた

 

なぜこの場所を選んだかは覚えていない

 

唯一記憶にあるのは、かなり衝動的だったことである

 

スーツケースの中身はほぼ変わっていない

 

期待と興奮の中で、飛行機へ

 

遠征先へたどり着くと、ホテルチェックインまで時間があったので

 

まさかのスウェットで声かけ

 

特に何も起きなかった笑

 

チェックイン後、すぐに着替えて街へ

 

2声かけ目で、ギャル風の女を連れ出しへ

 

見た目は完全にギャルだが、将来は看護師になるという

 

彼氏持ちだが遠距離恋愛中 この後の予定を崩そうとしたが時間切れでOUT

 

最初からカラオケで良かった 

 

ま、本人はカフェ行くつもりだったらしいけど

 

一応、連絡先交換はしたが、GAME OVER

 

 

声かけを続けていく

 

 

 

この場所には、後輩が住んでいるので、合流することになった

 

どうでもいい話、ばかな話をしつつ、再び街へ

 

この後輩は彼女がほしいとのことで、じゃあ今から声かけようと謎の提案

 

向こうはびっくりしていたので、僕もそんなこと普段は全然していないという設定に

 

公園で2人組が座っている

 

イルミネーションがきれいだったので写真をとる

 

その後、連れ出しへ

 

 

 

僕の担当子とは、なかなかいい感じに食いつきを上げられていたと思っていた

 

しかし、セパの仕方が若干下手

 

時間限定で連れ出すが、ハンドテストがいまいち

 

案の定、ホテル前で、激おこモードに突入

 

最後は

 

 

 

帰れ、まじで

 

 

 

と言われたが、

 

お前の目の前にあるホテルがおれの帰る場所だ!!

 

と言おうとしたが、焼け石に水なのでその場を離れた

 

その後、クラブへ

 

何組かと和むも連れ出しまではいかず

 

後輩はなんとか連絡先交換をしていたので、彼のことを考えたら成功なのか

 

そう

 

僕はこの場所で無駄に連絡先交換を打診してもあんまり意味がないことぐらいわかっている

 

抱くまで帰らないつもりだったが朝4時に限界に達し、帰路

 

 

 

 

2DAY

 

目覚める時間がとても遅かったが、なんとか夕方には活動開始

 

昨日連絡先交換をした子と、アポへ

 

カフェが混んでることを理由にその上にある僕の部屋へ一気に上げる

 

ここまでは作戦勝ち

 

 

 

少しづつ距離を縮めていった

 

テレビは絶対につけさせない

 

徐々に距離をつめるが、まだ反応は良くない

 

キスまでいくも、その後の展開は完全に拒否され、終了

 

しかし、これで逆に向こうからの連絡が結構くるようになった

 

ここへ帰ってきてからも、連絡はまめにとっている

 

 

その後遠征編Part.1で連れ出したトランペット子とアポへ

 

トランペット子:(本当にきたんだ笑)

 

僕:(きちゃいけないみたいな言い方するなよ笑)

 

 

 

なんとなく選んだ店はその場所で有名なチェーン店らしい

 

正直雰囲気出る要素は全くないが、めちゃくちゃ安い

 

会計の金額に腰抜かす

 

その後はノーグダでホテルへ

 

 

 

僕の笛は吹いてくれませんでした

 

TOTAL COUNT 68

 

 

DAY3

 

朝からやる気が出ない

 

せっかく遠征にきたというのにやる気が出ない

 

まさかの悪循環

 

多分即日セックスを経験してないからだろう

 

遠征やナンパノック、また遠征と知らず知らずに疲れがたまっていたのかも知れない

 

休息は必要だ

 

しかし、休んでいる暇もないと思う

 

幸い大都市で暮らすことになったんだ

 

このチャンスを活かさなくてどうする?

 

自問自答が続く

 

 

 

 

夕方にやっと街へ出た

 

しばらく経ってからこの地域HNS生と会うことに

 

以前から僕は彼と会うのをとても楽しみしていた

 

なぜなら、ブログが超おもしろいからだ

 

yukimasa1801.hatenablog.com

 

 

待ち合わせ場所にいくと

 

高身長爽やかイケメンがいた

 

顔でキャッチグダを喰らう僕とは大違いだ笑

 

この日は夜開始ということもあって

 

時間限定でコンビと指名ソロを繰り返す

 

連れ出しはできなかったが、YM君の好みのタイプがわかってきた

 

どうやら、僕とはかぶらなそう(僕はスーパー鬼ギャルが好きです///)

 

DAY4

 

事前に対決を申し込んでしまったのでアウェイの地でどれくらいやれるのか試してみたかった(今更)

 

YM君が先に連れ出したことで完全に火がつく

 

僕もすぐに休憩中の医療関係者を連れ出しへ

 

彼女の仕事の分野は得意なので、すぐに専門用語を使用すると一気に食いつきが上昇

 

その後、話が止まらなかったが休憩時間終了につき、解散

 

夜に飲む約束をして、次の声かけへ

 

さて、また同じ道からギャルが現れた

 

ギャルを見ると、絶対に声かけしてしまう習性があるためにためらわずいく

 

最初はガンシカ(ありがとう、そういうの好きだわ)

 

ガンシカ続く(ありがとう、まじ好きだわ)

 

次の瞬間

 

ギャル:(あぁ、何だよ?)怒

 

どうやらほんとに怒ってる風

 

僕:(何?怒ってるの?)

 

ギャル:(てか、キャッチじゃん?美容?)

 

僕:(キャッチじゃねえわ笑 服とか全然違うでしょ服とか てかようやく会話してくましたね、まじ嬉しいほんと最高サンキュー)

 

ここで、ようやく笑ってくれたのですぐに反応指摘

 

キャッチグダを何とか崩し、カフェへ

 

序盤からわからないことを聞き流すのではなく、適宜それ何?と聞いてしまう凡ミス発生

 

いちいち会話が途切れる感じがして、良くない

 

これは会話の中で推測が必要だった

 

さとうさんもこれは何回も言ってるので反省

 

おまけに、

 

ギャル:(お前、つまんねえなっ!)

 

やっぱりギャルっていい子ばかりですよね

 

素直ですもん

 

思ったこときちんと言ってくれますからね、ほんと人生の教科書、僕の愛読書

 

結局、彼氏グダ崩せずでしたけど、HNS MOVIEの2つ目再現できたので個人的には大収穫

 

 

 

 

連れ出しはこの2つ

 

あとは医療関係者(また)、終了間際にキャバ嬢から連絡先交換し

 

3時間で93点

 

YM君も2回連れ出しており、僅差で何とか点数的には勝利しましたが

 

結局、2人とも抱けてないんですよね

 

このゲームって良くも悪くも点数に執着してしまうので

 

あくまで僕らは抱くこと目指しているのであって闇雲に点数稼ぎも良くない、特に連絡先交換とか

 

じゃあなんで

 

遠征先なのに連絡先交換したかというと

 

2人目の医療関係者はほんとに予定があったのでそれが終わったら約束をとりつけられた

 

キャバ嬢は客とつまらないごはんに行くと言っていたので、じゃあその後面白く飲もうと打診し、それが通ったから

 

どっちもその日に抱ける可能性を見出せたからっていう理由で

 

 

その後はYM君に予定があり、一時的に解散

 

するとすぐに、2人目の医療関係者から連絡が

 

もう一人くるらしいのでYM君ヘルプの連絡を入れる

 

 

声をかけた子はなんと、もうすぐ婚約するらしく、何だか気が引けてくる

 

と思っていたら、現れたその連れがかわいい

 

(←切り替え早すぎ)

 

どうやら彼氏と別れたいらしいが、ちょっとこの子も流されやすいタイプで今まで言えてないと

 

話を聞いてるうちに時間がきてしまい、最初に連れ出した医療子から連絡がきている

 

その場をあとにし、数時間後会う約束をとりつけ解散

 

 

 

医療子と待ち合わせ、先ほどとはそこまで離れていない隣のビルの店に入る

 

するとさきほどの医療関係者2人組が近くにいるという事件

 

まじで終わった。。やばい。。ぞ。。。

 

と思い、最初は完全にローテンション

 

しかし、トイレで一度立った時

 

別人であることが判明し、テンションMAX

 

さぁ、ここでうまくいけば

 

3人抱ける計算がたった

 

いかにうまく時間を使えるか、

 

とても面白くなってきた

 

テンションがあがりすぎてYM君に連絡を入れるのが遅くなってしまうという大惨事、YM君ごめんなさい、、、、

 

夜の3連アポ一発目は、店の雰囲気に助けられたこともあり、やっと即日おせっくすへ

 

僕のJrの発射少々遅くなってしまったため、医療関係者子は帰ってしまった笑

 

TOTAL COUNT 69

 

 

キャバ子からの連絡を待っていたが、おじさんとイチャイチャし始めたのか、待ちの姿勢は嫌だったので、ナンパ再開

 

ソロは全然いなかったので、逆3でばんばん攻める 初の逆5にも挑戦し、いろいろと経験した

 

結果、2人を抱くことができた

 

 

 

しかし、僕はもっとやれたと思う。リベンジマッチを計画中

 

 

 

--------------------

よかった点

  • リアルブラザー誕生へ
  • 遠征編は結果的には◯
  • HNS MOVIE 2つ目再現に成功(抱けてません)

 

 

改善点

  • 時間を大事にしよう、今をもっと大事にしよう
  • 休むことと、活動することのバランスを見極める
  • なるべくカラオケFirstにしよう、カフェだとゴールが遠くなる

 

 

--------------------

声かけ:90

連絡先交換:11

連れ出し:6

抱いた:2

--------------------

SONG OF THE WEEK

 

 

 

みんな大好きChainsmokersの新曲!

 

Closerに続き、今回もアンドリュー君が歌っている。