読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はメジャーリーグに行くことにした Season:2

心機一転、ストリートで結果を出す

Ep.30 WEEK15" LIKE SHE SAID"

f:id:shadowpond:20170214141242g:plain

 

決まりきった道を歩んでいた

 

それでいいと思っていた

 

 

 

この老人は、意識は決して戻らないだろう

それなのになぜ、期待させる言い方をする?

なぜ、家族は解釈の仕方を間違っている?

 

月に500万を超えたらしい

 

日本の医療は優しすぎるのだと思う

 

そりゃ家族にとっては去ってほしくないよ

 

ただ、健康寿命が伸びているわけじゃない

 

日本は長寿の国?

 

それは違う

 

人工呼吸器にのせられた生活が続いて寿命を伸ばしても誰が得をするんだろう

 

それで誰が幸せになる?

 

寿命が伸びていても幸福度とは日本で比例していない

 

もう少しいい最期があっていい

 

しかし、制度を変えるのは大変だ

 

 

頭の固い老害を動かすのは至難の技

 

 

 

 

 

 

この前、道で声をかけた女は整形を繰り返していた

 

やり始めたら止まらなくなったらしい

 

次は顔のあるパーツをまたいじるらしい

 

普通の人にはありえない話だろうけど、その女は輝きに満ちていた

 

いつか振り向いてくれると信じているあの男のために

 

 

同じ額が動くとして、僕はこっちの方が合ってるのではないかという気がしないでもない

 

自分で施術した女が店でNo.1になったほうがはるかにやりがいはあるのかも

 

 

 

 

 

 

 

 

その日、僕はひどい格好だった

 

寝起きのスウェットで電車に飛び込みなんとか会社には間に合う

 

連絡を取り合っていた女がその日を指定してきた

 

 

しかし、これは逆にチャンスなのかも

 

 

決まりきったルーティンで

 

僕は少し

 

楽しいという気持ちが減っていた

 

全く新たなアプローチをしてみよう

 

新しい幕開けだ

 

 

 

恋愛の話は一切しないことにした

 

 

 

 

ただ、これがハマった

 

女は元ギャル

 

今は職場の都合で昔より抑えめであるけれど髪は明るかった

 

やはりギャル出身なだけにギャル雑誌の話でかなり盛り上がった

 

みちょぱぐらいしか知らなかったが、ギャルの世界は浅く見えるようでとても深い

 

いろんなかわいい女を教えてもらった

 

自然な流れで彼女の家にたどり着いた

 

普段は1回したら、興味が薄れてしまうものだが、夜中ずっと繋がっていた

 

僕はこの気持ちを大事にするべきだと思う

 

何の駆け引きもなく、楽しい話をしていたら気がつくとベットにいた

 

この感覚を忘れないようにしたい

 

途中、その女は

 

なんか、チャラいよね

 

と漏らしていた

 

しかし、チャラいっていい言葉

 

いや、最高の褒め言葉じゃないですか

 

そのときのニュアンスは

 

チャラいよね=この男に手出されてる私はいい女

 

だと思った

 

 

 

今、前に進めてないのはこの辺りなんだと思う

 

もっと女を楽しませたい

 

みんないい女なんだ、いい女にするかどうかなんて自分次第なんだ

 

TOTAL COUNT 76

 

 

 

 

 

 

ついに後輩という存在ができた

 

その後輩と、デートに行くことになった

 

 

 

電車で一緒に移動することが久しい

 

何とか僕が得意な街まできた

 

前回の気持ちを大事にすることから始めた

 

あくまで楽しい雰囲気を作ろう

 

 

 

途中で後輩は、恋愛の話へシフトしていった

 

流れを断ち切って元に戻すのもおかしい

 

そのまま続けた

 

彼女の歳を考えると、結婚という文字が大きくのしかかるのであろう

 

前の彼氏と別れないで、結婚すれば良かった

 

など、真剣な表情

 

この重め、何だか面倒になるかもしれない展開に

 

やや難易度が上がっていった

 

 

 

ハンドテストはオーケー

 

しかし、ホテル街への道で彼女は気づいた

 

そしてその手を振り払った

 

今回はあえてグダ予防等の話は刺しこんでなかったので

 

ありえない

 

軽い女だと思ってたんでしょ?

 

私、真面目だからね

 

をずっと連呼していた

 

 

 

重い女の方が人生損してない?

 

今とか笑

 

 これぐらいしか言えず、なんとかカラオケへ

 

キスまでだったが、帰り際の表情で全てを物語っていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休日にも仕事を入れ、帰宅

 

前回、抱くことが出来なかった女ともう一度会うことになった

 

しかし、僕はまたスウェット

 

直ホを狙っていたが、すぐに終了し、食事だけになった

 

楽しい雰囲気を作るのは案外難しい

 

もっと与える人間になりたい

 

-------------

声かけ:0

連絡先:0

連れ出し:0

抱いたよ:1

------------

SONG OF THE WEEK

 

 Samphaのアルバムが出た!

 

既に2017年の年間ベスト候補